2019年教育全国署名を富山県議会議長へ提出

2019年11月29日

2019年11月27日(水) 富山県議会 議長室にて

教育全国署名は「子どもたちが安心して学べる学校に」という保護者や教職員の願いを集めて、31年前から毎年全国で取り組まれ、富山県では県議会議長へ、国は衆議院議長・参議院議長へそれぞれ提出されています。

11月27日に、2019年に富山県内で集められた教育署名11,120筆を、「ゆきとどいた教育をすすめる富山の会」の代表から中川県議会議長へ手渡してきました。(CO・OPとやまで9月~10月にかけて組合員の皆さんから寄せられた1,962筆も含まれています)

現役の教員からは「子ども達が窮屈な環境で勉強していること」や「教職員の多忙さ」、「特別支援学級の現状」などを訴える切実な発言もありました。

中川県議会議長より 「子どもたちが学校で楽しく健全に育つ教育環境をつくっていくことはとても大切。全ての請願項目を一度には実現できないが、この署名の歴史の中で確実に進んできている。県民が同じ方向を向いて、一つ一つ実現にしていきたい」との力づよい言葉もありました。

 

 

 

 

 

富山南第1・2支部 ふれあいサロンで「キティちゃんタオルでクッション作り講座」

2019年10月25日

2019年10月21日(月)  本部組合員ホールにて 参加者 大人10人

富山南第1・2支部のふれあいサロンで、北日本新聞サービスセンター蜷川から講師を招き「ハローキティちゃんタオルのクッション作り講座」を開催しました。

参加者は、それぞれ好きなキティ柄のタオルを選んで作っていきました。講師の方が、参加者のみなさんの所を回って丁寧に教えてくださいます。

 

 

 

 

皆さん、手縫いで縫いすすめながら、大好きなおしゃべりも弾み、とってもにぎやかな雰囲気。おしゃべりをしながら縫っていると、あっという間に完成したようです。

 

 

 

 

 

手縫いだけでこんなに簡単でかわいい手作りクッションが出来上がり!!「作り方がわかったから、家でも作れるね」「友だちに作ってあげてもいいね」と参加者の皆さんは大満足でした。

 

こ~ぷ会でおしゃべりしましょ♪参加者募集中★

2019年10月8日

気軽に集まって、お茶を飲みながらたのしくおしゃべりするのが「こ~ぷ会」です。「普段のくらし」や「生協」の話題でわいわいおしゃべりしたり、商品の感想を話して交流したりします。

10月よりモニター商品もあります。

組合員であればどなたでも参加できます。お一人でも、お友達(組合員でない方もOK)とご一緒でも大歓迎です。

お試し参加もOKです!

←クリックすると大きくなります

 

2019 CO・OPとやま 秋の試食会への参加ありがとうございました!

2019年9月30日

開催日:2019年9月28日(土) CO・OPとやま 本部組合員ホール

参加人数:408人 参加取引先:17社

毎年恒例となりました「秋の試食会」。今年は、本部2階の組合員ホールで開催し、ご家族連れやお友達どうしなど、多くの参加で賑わいました。

 

 

 

 

 

「わくわくこ~ぷ(商品案内)」で企画している商品の中から、「市販と差別化できる商品」「違いが実感できる商品」などを中心に、皆さんに気軽に味を試していただきました。

直接、取引先の方から商品の説明や調理方法を聞いたり、試食したりしながら、より詳しく商品を知ることができ、会場では、「美味しいね~!」という声がたくさん聞こえてきました

 

 

 

 

 

子ども連れで参加された方も多く、お子さんも一緒にモグモグと試食 🙂

 

 

 

 

 

「ママ~これおいしいよ」なんて言われると、「それなら次に注文しないとね!」という気持ちになっちゃいますね。 😉

参加者には、みなみ店で引き換えができる「粗品進呈券」をお渡しし、店舗にもたくさんご来店いただきました。試食して気に入った商品をさっそく購入して帰られた方もいらっしゃいました。

コープ共済コーナーでは、「コ~すけ」も登場し、「コ~すけ」風船等のプレゼントに小さなお子さん達は大喜びでした。

 

 

 

 

コ~すけ一緒に、パチリ

 

【参加者の感想】(抜粋)

*毎年、この企画を楽しみにしています。

*今年は宅配おせちを利用したいと思っていたので、試食ができ、サイズも丁度良かったので、利用することにします。

*和さらだ大根を使って、レンジで簡単に「大根そぼろ煮」ができると聞いておどろきました。一度、試してみたいです。

*牛乳嫌いだった子どもが、北海道よつ葉牛乳を飲んでいたのでうれしくなりました。

*甘酒の牛乳割りは、子どもにも飲みやすく、家族みんなで利用したいです。

*冷凍のお肉や魚は、どの商品も美味しく、これから利用したいです。

リーディングサービス交流会を開催しました!

2019年9月13日

2019年9月9日(月)11:30~14:00 CO・OPとやま本部2階 組合員ホール

利用者8人・ボランティア12人参加

CO・OPとやまでは組合員のボランティアさんが吹き込みされた「わくわくこ~ぷ」を視覚障がいのある組合員へお届けしています。毎年1回ボランティアと利用者が集まって、普段の生活のことや、気になっている商品のこと、吹き込みの仕方について利用者に聞いてみたいことなど、お昼ごはんを食べながら交流しています。

4テーブルに分かれてお弁当を食べながら、おすすめの生協商品についてや、利用者の方にとってどんな商品が便利で使いやすいのかなど、おしゃべりが止まらないほど和やかに、楽しく交流しました。

 

 

 

 

 

また、吹き込みのCDを聞いて注文される時にどんな項目が必要か、などを利用者の方に教えていただきました。

昼食の後は、「音の玉手箱」のお二人の歌と演奏を楽しみました。懐かしい歌の数々…「瀬戸の花嫁」「赤とんぼ」など“ゆきみだいふく”さんの美しい歌声と一緒に参加者のみなさんの歌声もホールに響きました。

 

 

 

 

 

最後に“ゆきみだいふく”さんお手製のすてきなカメラで記念撮影をしました。

 

 

 

←これは普通のカメラで撮影したものです 😀

 

皆さんとってもいい笑顔でしょ

参加のボランティアさんより】

・いちばん嬉しかったのは、私の名前を聞いたら、「いつも聞いてますよ!」と言ってくださったことです。ボランティアの皆さんと交流もできて良かったです。気負わずに楽しく続けていこうと思います。

・昨年初めて参加させていただいて、とても勉強になったので、今年も参加させていただきました。利用者の方が積極的に話をしてくださるので、普段聞けないことも教えてくださり、勉強になりました。

・利用者の方とお話しできたことがとても勉強になりました。

【利用者さんより】

・日ごろからお世話になっているのに、このような催しを開催していただき、とても言葉に言い尽くせない感謝と喜びです。 本当にありがとうございます。 参加させていただき久々にとても心がなごみました。

★リーディングサービス ボランティア募集 

CO・OPとやまでは上記のリーディングサービスを継続するため、わくわくこ~ぷを読み上げてくださるボランティアを募集しています。月に1回2時間程度、自宅でできるボランティア活動です。興味のある方はぜひ下記までお気軽にお問合せ下さい。まずは活動内容をご説明いたします。ご検討いただき、納得いただいた上で、ボランティア活動にご参加ください。

(組合員活動推進チーム 月から金曜日 9:00-17:30 TEL 076-425-7174)

田植え交流会が行われました(富山県食健連主催)

2019年5月23日

2019年5月19日(土) 10:00~12:00  富山市水橋 大橋国昭さんの田んぼ

 参加者65人(内、CO・OPとやま大人25人、子ども32人)

爽やかな風が吹くとても良いお天気の中、富山県食健連主催の田植え交流会が行われました。今年はご家族連れなどたくさんの方が参加され、とてもにぎやかです。

水田に裸足になって入り、田植え体験です。「ころがし」(田植えの時に苗を植える場所の目印を付ける道具)で田んぼにつけてある印を目印にしながら苗を植えていきます。

 

 

 

 

 

水田に足を入れると、子どもたちは「キャーッ!」「足がうもれる~!」と泥の感触に大喜び!!夢中になって苗を植えていきました。中には、泥に足を取られ、尻もちをついてお尻が泥だらけになっている子、カエルを見つけて捕まえてみるお子さんも。

お父さん・お母さんも子どもたちと一緒に田んぼに入り、田植えを楽しみました。

 

 

 

 

 

↑ 「ころがし」の体験。みんなで力を合わせて転がしてみます。手が泥だらけになってもへっちゃら!

 

 

 

 

 

田植え機にも乗せてもらいました。子どもたちは「かっこいい!」「おもしろい!」と大喜び。

 

 

 

 

 

お父さんがついてくれたお餅や大橋さんのお米で作ったおにぎり、野菜たっぷりのお味噌汁などみんなで食べながら、協力していただいた農家の方や参加者と交流しました。

「稲刈りも来たいなぁ」と秋になるのを楽しみにしている声も聞かれました。

秋には「稲刈り交流会」を予定しています。農業や食への関心を持つきっかけづくりとして、みなさんもぜひ参加してみませんか?

2019 CO・OPとやま 春の試食会への参加ありがとうございました!

2019年4月30日

開催日:2019年4月27日(土) CO・OPとやま 北部センター組合員ホール

参加人数:371人 参加取引先:17社

毎年恒例となりました「春の試食会」を、今年は北部センター2階組合員ホールで開催しました。

大型連休初日で、雨が降る肌寒い日となりましたが、ご家族連れやお友達どうしなど、多くの参加で賑わいました。

 

 

 

 

 

「わくわくこ~ぷ(商品案内)」で企画している商品の中から、「市販と差別化できる商品」「違いが実感できる商品」などを中心に、気軽にみなさんに味を試していただきました。

今回は、45周年記念珈琲を決める投票コーナーも登場!組合員のみなさんに試飲していただき、人気がある珈琲を商品化していきます。パッケージ投票もありましたよ!

 

 

 

←「どれが私の好みかね~?」

 

取引先の方から直接商品の説明や調理方法を聞いたり試食したりすることで、より詳しく商品を知ることができ、会場では「美味しい!」「いろいろ食べることができて楽しいわ~!」という声がたくさん聞こえてきました。

 

 

 

 

 

早速、お気に入りの商品を城川原店で買い求められる方や、「今度のわくわくこ~ぷで利用するわ!」と言って帰られる方がたくさんいらっしゃいました。

参加者には、城川原店で引き換えができる「粗品進呈券」をお渡しし、店舗にもたくさんの方にご来店いただきました。

コープ共済コーナーでは、「コーすけ」も登場し、「コーすけ」の周りにたくさんのちびっ子が集まりました。輪投げコーナーでは、子ども達だけでなく、パパやママもチャレンジ!お絵かき帳やラップ・ティシュなどのコーすけグッズをプレゼントしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←輪投げ、たくさん入るかな?

 

【参加者の感想】(抜粋)

*どの商品も美味しくて、お腹もいっぱいになりました。

*わくわくこ~ぷで企画されていても、なかなか手が出ない商品が試食でき、美味しかったので注文しようと思いました。

*豆乳ヨーグルトは、大豆臭さが全然なくて健康にも良さそうなので、これから利用したいと思いました。

*大海老チリソースは、本当に大きな海老が入っていて、食べ応え十分でした。

【おススメアレンジひとこと♪】

水ぎょうざを冷やしてポン酢をかけると、さっぱりして、これからの季節にぴったりの一品です。

国産豚サガリ(味噌だれ漬け)はタレがたっぷり入っているので、野菜や豆腐と炒めたり、焼きうどんにしても美味しいです。

王将のチャーハンは、フライパンに卵を落として軽く炒めた後、冷凍のまま炒めると、電子レンジでチンするのとは違った美味しさがでますよ!

 

たすけあい活動 「たすけっとクラブ」の活動に参加しませんか?

2019年4月5日

CO・OPとやまでは2018年より富山医療生協さんの助け合い活動「たすけっとクラブ」と連携しています。

電球を変えてほしい」、「大きな棚を動かすのを手伝ってほしい」、「ゴミ出しができないなど、

暮らしの中のちょっとした困りごとを助け合いの力で解決する

有償ボランティア制度です。

助けの必要なかたが富山県内にもまだいらっしゃいます。

ちょっとした空き時間を活用して、協力者(たすけっとさん)として登録し、助け合いの活動に参加してみませんか?

お近くに困っておられる方、利用してみたい方がいらっしゃいましたら、是非たすけっとクラブの活動をご紹介ください。

たすけあいの輪をひろげていきましょう!

※協力者、利用者いずれも富山医療生協組合員としての登録が必要です。

詳しくは下記をご覧ください。(文字をクリックすると大きくなります)

たすけっとクラブ 募集中

 

新川ふれあい食事会で楽しいひととき♪

2019年3月14日

3月9日(土) CO・OPとやま新川センター組合員ホール 参加者 51人

新川地区の地域委員が協力し、毎年恒例となった「ふれあい食事会」を開催しました。

医療生協から講師を迎え、骨密度測定や血管年齢測定などの健康チェックと、健康生活に役立つお話を聴きました。ふれあい食事会での健康チェックを毎回楽しみにして参加される方もたくさんいらっしゃいます。

また、地域委員のみなさんが心を込めて調理した料理をいただきながら、おしゃべりも楽しみました。今回のメニューは、これまでの学習会で学んできた料理など生協商品を使った自信作ばかりです。

 

 

 

 

CO・OPとやま職員のフォークグループ「和音人」(わおんど)によるミニコンサートでは、「時代」「ふるさと」など懐かしい歌を聴いたり、一緒に体を動かしながら歌ったりして和やかなひとときを過ごしました。

【参加者の感想】(抜粋)

  • 初めて参加しました。健康測定、食事、演奏会すべて良かったです。なによりもまわりの方々とのおしゃべりが楽しかったです。
  • おいしい食事とここちよい音楽を聴かせていただき、とてもよいひとときでした。
  • わきあいあいと楽しく食事をして、これからの料理の参考にもなりました。懐かしい歌をすてきな声で聴かせていただき、幸せでした。

 

「産直キッチン」で学習&交流をしました

2018年10月30日

2018年10月26日(金)滑川市民交流プラザ      参加:生産者4人、大人27人
2018年10月27日(土)CO・OPとやま北部センター  参加:生産者4人、大人26人

CO・OPとやまの「産直キッチン」は栽培のこだわりや苦労していることなどを生産者から直接お話を聴き、産地の野菜・果物を使った料理を生産者と一緒に食べながら交流する企画です。

今回は、福田農園(石川県)、紀ノ川農協(和歌山県)、大鋸屋養豚組合(富山県)の3生産地から4人の生産者をお迎えしました。

 

 

 

 

 

「組合員の皆さんに安全でおいしい商品・農産物を食べていただきたい」「自然と共生して持続可能な社会・農業をめざしたい」という熱い気持ちがお話を通して伝わってきました。

大鋸屋養豚組合は、餌の配合にこだわって、高品質な豚肉づくりに取り組み、福田農園のれんこん栽培は、除草剤不使用で、農薬を石川県の慣行栽培の約半分に抑えておられるそうです。紀ノ川農協では、耕作放棄地の再生プロジェクトや農援隊の活動、後継者育成の取り組みなどを行い、地域と一緒になって農業の発展にも力をいれていらっしゃることがわかりました。

 

 

 

 

 

交流会では、産地の野菜・果物を使った料理を生産者の方と一緒に試食しながら、産地の様子や栽培についてさらに詳しくお話を聴くなど、どのテーブルも笑い声やおしゃべりが絶えないくらいとても楽しく交流しました。

 

 

 

 

 

即売会では、みかん、柿、加賀れんこんを購入することもできました。ご自宅で生産者の皆さんのお顔を思い出しながら食べられるのかしら・・・

【参加者アンケートより(抜粋)】

  • 生産者の皆さんそれぞれのご苦労が直に聴くことができて、とてもありがたい気持ちになりました。真心をこめて生産されている姿があってこそ、美味しい食事をいただけて、感謝の一言です。
  • 今までは産地はあまり気にすることはありませんでしたが、これからは産地をよく見て購入したいと思います。
  • 日頃何気なく注文していましたが、説明を聞いて大変参考になりました。「見える商品」になったので、これからは産直のものを買います。