2017年11月

とやまアルペン乳業と商品センターに行ってきました!!

2017年11月25日

 

2017年11月23日(木・祝) とやまアルペン乳業・CO・OPとやま商品センター

                    参加者 親子あわせて 10組28人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は、北部センターエリアの組合員を対象に生協牛乳でおなじみのとやまアルペン乳業とCO・OPとやまの商品センターへ行ってきました。

最初に、とやまアルペン乳業を見学しました。入り口を入ってすぐに、生乳が運ばれてくる貯乳タンクがありました。生乳が運ばれてきた段階で、細菌や抗生物質が残っていないかなどの受け入れ検査をされて、合格しない場合は、せっかく運ばれてきた生乳がタンクごと全部廃棄されてしまうということを聞いてびっくり!!生協専用のタンクがあり、他の生乳とは混じらないように分けられているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは検査室です。富山県内の牛乳製造メーカーの中で自社の検査室があるのはとやまアルペン乳業だけ。毎日厳しい検査をして安全な牛乳を製造しておられることがわかりました。

 

 

 

 

 

牛乳の製造ラインです。つぎつぎと牛乳がパック詰めされてくる様子を皆さん熱心に見学しておられました。子どもたちからは、「すご~い!」「おもしろいね」という声が聞こえてきました。

 

 

 

 

 

DVDで牛乳について詳しく学習した後は、参加者全員で大きなモーモーちゃんの前で記念撮影♪

次に、CO・OPとやまの物流施設がある商品センターも見学しました。

 

 

 

 

 

 

毎週届けられる商品案内などのチラシをセットしている様子を見ることができました。何種類ものチラシが、機械であっという間に束になってセットされてくる様子には皆さん驚いていました。

 

 

 

 

 

こちらは農産品のパックセンターです。ミニトマト、人参、バナナを丁寧に検品しながら、パック詰めをしている様子を見学しました。「生協の農産品はこんなに細かくチェックされているんだね~」と感心する声が聞かれました。

 

 

 

 

 

冷蔵商品の箱詰めラインやシッパーの袋かけ作業も見学しました。手早く商品をシッパーに入れていく箱詰め作業に皆さん驚き!でした。

肌寒い一日でしたが、親子でいろいろなことを見て・聞いて・学ぶことができた「おでかけ隊」となりました 🙂

【参加者の感想】(抜粋)

  • アルペン乳業でのヨーグルトパック詰めが手作業だったことに驚きました。
  • アルペン乳業で牛乳の製造ラインを見ることが出来て楽しかった。
  • いつも何気なく配達していただいている商品が、多くの人たちの手で箱に入れられ、我が家に届いていることがとてもおもしろく、また、感謝しました。
  • いろいろオートメーション化されていたが、仕分けなど人の手がやはり必要なんだなと、多くの働いている人を見て思いました。

 

食育キッチン おたより紹介

2017年11月22日

「たべる*たいせつ食育キッチン」は子どもたちに食べることの大切さや楽しさを伝え、「食の主人公」になることを応援する生協の通信型食育サポートプログラムです。季節ごとに届く「おたより」を基本にして、お子さんと共に食に関する知識を身につけたり、その中のレシピを使ってお料理したりと、ご家庭での食の話題を増やすきっかけづくりをサポートします。

「おたよりカード」にメンバーの子どもたちが取り組んだことを書いて、CO・OPとやまに送ってくれます。 その一部をご紹介します。

<11月分>

 

 

 

 

 

 

今月もみやぞんくんからおたよりが届きました。お母さんと妹さんと一緒に型ぬきクッキーを作った様子を写真付きで送ってくれました。キティちゃんのクッキーやクランベリーが入ったクッキーを作ったんだね。みんなで一緒にクッキー作りをして楽しそう♪とってもおいしそうなクッキーができたね!

 

 

 

 

 

 

 

 

ミッキーちゃんとミニーちゃんのなかよし姉妹からのおたよりです。野菜をたくさん食べて、二人ともとっても上手にぬりえをしてくれました。妹のミニーちゃんは苦手なにんじんを炊き込みご飯にいれて食べてみたんだね。苦手なにんじんをちょっぴりでも食べてみたなんてすごいね!にんじんを煮物に入れて食べたミッキーちゃんは、さすがお姉ちゃん!!って感じだね。

 

 

 

 

 

 

 

ようくんからは、ぬりえと10月に開催したイベントの「お買い物キッチン」でみんなと作ったサンドイッチのことをおたよりに書いてくれました。グループのみんなと作ったサンドイッチにはハム、キャベツ、トマト、そしてチキンカツもはさんで作ったんだね。みんなと一緒に作ることができて、楽しかったね!

 

 

 

 

 

 

 

えいちゃんからも、ぬりえと10月に開催したイベントの「お買い物キッチン」で作ったサンドイッチの感想をおたよりに書いて送ってくれました。お兄ちゃんのようくんと同じグループで野菜のサンドイッチを作って、とってもおいしかったんだね。「来年も作りたい」と書いてくれて、とってもうれしいです♪またお買い物キッチンでいろいろなお料理をがんばってみよう!


 

 

 

 

 

あやちゃんは、ぬりえと梨の皮むきをした様子をおたよりに書いて送ってくれました。1年生だけど、キャベツを切ったり、梨の皮むきも出来るんだね。皮むきに初めて挑戦したのに、5分でできたなんてびっくりしたよ。すごいね!!また、いろいろなことにチャレンジしておたよりに書いてくれるとうれしいです。

これからもメンバーからのおたよりをどんどん紹介していきたいと思います。

 

 

第6回 よちよち広場を開催しました!

2017年11月17日

2017年11月15日(水) 10:00~11:30

CO・OPとやま北部センター 2階 組合員ホール  5組10人参加

今回のよちよち広場では、ベビーサイン体験教室を行いました。「ベビーサイン」ってなに??と思われる方も多いと思います。「ベビーサイン」は、まだ言葉をうまく話せない赤ちゃんと、簡単な手話やジェスチャーを使って「お話」する育児法です。

DVDを見ながら「ベビーサイン」とはどういうものなの?というところから講師の先生にわかりやすく教えていただき、実際に子どもたちに「ねんね」「もっと」など言葉を話しかけながら手振り(サイン)をしてみたりしました。

 

 

 

 

 

みんなで「げんこつやまのたぬきさん」「しあわせなら手をたたこう」の歌をベビーサインを取り入れながら歌ってみました。子どもたちも一緒に手をパチパチたたいたり、足をトントンしてみたりと楽しそうでした♪

 

 

 

 

 

 

【参加者の感想】(抜粋)

  • 言葉だけでなく、手を使って伝えることが、赤ちゃんとさらにコミュニケーションをとれる手段になるのだとわかり、勉強になりました。
  • ベビーサインは特別なものと思っていたけど、普段の生活で動作をしながら話すことだと思えて、気楽にできると思いました。
  • 先生の教え方が、子どもたちの様子に合わせたもので、分かりやすく、とても良い経験をさせていただきました。

★次回のよちよち広場は1月25日(木) CO・OPとやま北部センター2階 組合員ホールにて 「親子で体を動かそう!3B体操親子教室」の内容で開催予定です。

メンバー登録希望の方は電話:076-425-7174(月~金 9:00~17:30)もしくは、こちらからお申し込みください。