2017年9月

第4回 よちよち広場を開催しました!

2017年9月22日

2017年9月20日(水) 10:00~11:30

CO・OPとやま北部センター 2階 組合員ホール  13組26人参加

今回は、「乳幼児の食事と栄養について」という内容で、富山県栄養士会より管理栄養士の講師をお招きし、月齢に応じた離乳食のアドバイスや乳幼児の食事と成長について詳しく、そして楽しくお話ししていただきました。

 

 

 

 

 

↑  離乳食の進め方のコツや、味付けの工夫についてのお話、また、「成長曲線どおりに子どもの体重が増えていなくても大丈夫よ。」「なかなか子どもが食べてくれない食材があっても大丈夫。他に好んで食べてくれるもので代用すればいいのよ。」などママたちがホッと安心できるようなお話を聞くことができました。

熱心にメモをとっているママや、時折、「うんうん・・」とうなづきながら講師のお話に耳を傾けるママたちの姿が見られました。

 

 

 

 

 

講師の方に実演で作っていただいた手づくりおやつ(さつまいものミルクキャラメル、りんごとさつまいもの重ね煮)をお子さんに食べさせながら、ママたちも一緒に試食しました。

講師の方にお子さんの食事のことなどで普段気にかかっていることや、わからないことなどを個別に相談しているママもたくさんいました。

★次回のよちよち広場は10月18日(水) CO・OPとやま北部センター2階 組合員ホールにて 「英語であそぼう!」の内容で開催予定です。

参加希望の方は電話:076-425-7174(月~金 9:00~17:30)もしくは、こちらからお申し込みください。

【参加者の感想】(抜粋)

  • 管理栄養士さんの専門的なお話が聞けてよかったです。
  • おやつ調理の実演はとても参考になりました。
  • 無理の無い離乳食の進め方や冷凍食品を使った作り方など実用的な話で、前向きにやってみようという気になれる話が多くてよかったです。
  • 離乳食がだんだん進んできた頃だったので勉強になりました。

 

 

とやまアルペン乳業と商品センターに行ってきました!!

2017年9月20日

2017年9月18日(月) とやまアルペン乳業・CO・OPとやま商品センター

                    参加者 親子あわせて 10組19人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は高岡地区の組合員を対象に生協牛乳でおなじみのとやまアルペン乳業とCO・OPとやまの商品センターへ行ってきました。

最初に見学に訪れたのはとやまアルペン乳業です。樋口社長より熱心な説明を交えながら案内していただきました。

 

 

 

 

 

生乳が運ばれてくる貯乳タンクや牛乳の製造ラインも見ることができました!特に製造ラインは次々と紙パックに牛乳が充填され、製品として出来上がってくる様子に大人も子どもも「すご~い!!」 😯 と釘付けになって見ていました。

 

 

 

 

 

 

↑ 樋口社長に熱心に質問をするお子さんもいましたよ!!

今年5月に容器がリニューアルした「プレーンヨーグルト生乳仕立て」を製造しているところも見学しました。

 

 

 

 

 

 

ひとつひとつ手作業でパックにヨーグルトを詰めておられるそうです。これには参加した皆さんびっくり!「とても手間がかかっているんやね~」と感心させられました。

 

次に、CO・OPとやまの物流施設がある商品センターも見学しました。

 

 

 

 

 

 

↑ まずは、ドライ商品のラインを見学!いつも見慣れている商品がたくさん並んでいました。

 

 

 

 

 

↑ わくわくこ~ぷなどの商品案内チラシを袋詰め作業。テキパキとすばやくセットされていく様子を間近に見ることができました。

 

 

 

 

 

↑ 冷蔵商品のピック(箱詰め)作業。発泡スチロールの箱の中に手早く商品が入れられていく様子に「こんなふうに手作業でやっておられるんだね~」と皆さん驚いていました。

 

 

 

 

 

 

今回参加された皆さん 🙂 子どもたちもすっかり仲良くなって楽しい一日でした。

【参加者の感想】(抜粋)

  • 牛乳について、並々ならない情熱とこだわりを強く感じました。
  • なにげなくいつもおいしく頂いている牛乳が、富山県は牛の餌作りが難しいことなどで割高になってしまうことを知り、ご苦労されていることがよくわかりました。
  • これからはアルペン乳業の生協牛乳を利用しようと思いました。
  • 牛乳パックに牛乳を入れるところが見ることができて楽しかった。
  • 商品が自宅に届くまで多くの人の手がかかっているのがわかったので、とてもありがたく思いました。

 

たべる*たいせつ食育キッチン 「キッズの挑戦」を開催しました!

2017年9月12日

2017年8月28日(月)9:15~11:30 CO・OPとやまみなみ店  参加者 2人

「キッズの挑戦」とは・・・

県内の中学生を対象に様々な仕事に挑戦する「14歳の挑戦」のキッズクラブバージョン。CO・OPとやまのお店のお手伝いをとおして、お店の裏側を体験します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

キッズサポーターの

ときめきちゃんです(富山に飛来したトキの名前)

今年で3年目の開催となるキッズの挑戦を報告します~

4年生と6年生の2名の女の子が参加し、CO・OPとやまみなみ店の作業体験に取り組みました。

 

 

 

 

 

 

農産品の袋詰め作業!!

 

 

 

 

 

飲料の品出し作業や惣菜のパック詰め&値札のシール貼り!!

 

 

 

 

 

子どもたちが一番楽しみにしていた、実際のお客様のレジ打ち体験も行いました。キッズの挑戦で、普段は体験できない貴重な時間を過ごすことができました!

 

 

 

 

 

 

最後にお店の前で「やったね~❣バンザーイ」と満足した表情が印象深かったときめきちゃんなのでした 🙂

参加したメンバーの子どもたち、おつかれさまでした✌️

【参加者の感想】(抜粋)

(保護者)

  • 普段できない体験をし、お店の裏側を見ることができて、楽しそうでした。

(子ども)

  • お店の人がやさしかった。おしえてくれてありがとう。
  • ふくろづめをなるべくしっぱいしないようにしました。レジのときにボタンを押しまちがいしないように気をつけました。
  • とても楽しかったです。

食育キッチン おたより紹介

2017年9月5日

「たべる*たいせつ食育キッチン」は子どもたちに食べることの大切さや楽しさを伝え、「食の主人公」になることを応援する生協の通信型食育サポートプログラムです。季節ごとに届く「おたより」を基本にして、お子さんと共に食に関する知識を身につけたり、その中のレシピを使ってお料理したりと、ご家庭での食の話題を増やすきっかけづくりをサポートします。

「おたよりカード」にメンバーの子どもたちが取り組んだことを書いて、CO・OPとやまに送ってくれます。 その一部をご紹介します。

<8月分>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休み中にお母さんと一緒に「焼きそば」や、きゅうりを使って「パリパリきゅうり」、冷たいおやつの「フローズンフルーツ」を作った様子などをおたよりに書いて送ってくれました。いろいろな野菜を食べて、きれいにぬりえをしてくれたお子さんのおたよりも届いています。

どの子もお母さんと一緒にお料理やぬりえをして楽しそうな様子がおたよりからうかがえますね!

これからもメンバーからのおたよりをどんどん紹介していきたいと思います。