活動紹介

ホクト(ブナシメジ工場)に行ってきました!!

2019年8月22日

2019年8月20日(火) ホクト  参加者 親子あわせて 3組8人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は、新川地域の組合員を対象に富山市八尾町にあるホクトのカットブナシメジ工場へ行ってきました。

まずは、カットブナシメジが出荷されるまでの工程を見学しました。工場の方から説明をよ~く聞いてから、白衣、帽子、マスク姿になり、粘着ローラーを使って付着物がないように準備をしてから工場の中へ入ります。

 

 

 

 

 

手洗いもしっかりして、直前には、もう一度エアーガンを体にあててほこりなどを落とし、異物が入らないようにしてから工場へ!衛生管理が徹底されていて、工場内は撮影禁止なので、皆さんには写真でお見せできません…

プラスチック容器にぶなしめじの菌が植え付けられた培地がつぎつぎに培養室に流れていく様子や、成長したぶなしめじが次のカットの工程へどんどん送られていく様子も見ることができました。カットされたしめじが袋詰めされる時も、異物混入がないかしっかりチェックされているところも見学しました。

工場見学の後は、CO・OPとやま本部の組合員ホールできのこを使ったお料理に親子で挑戦です!!ホクトさんから持って来ていただいたエリンギとぶなしめじの収穫体験もしました。 🙂

 

 

 

 

 

皆さん初めての体験♪新鮮なきのこってこんなに軸に張りがあってしっかりしているんだね~と。これから新鮮なきのこを選ぶ参考になりそうですね。

おばあちゃんやお母さんと一緒に「きのこのお好み焼き」「きのこと夏野菜のピクルス」を調理します。包丁の使い方などを教えてもらいながら、みんな頑張りました。

 

 

 

 

 

きのこが苦手なお子さんが多く、調理中にも「きのこの匂いがぁ・・・」という声も聞こえてきたりしましたが、おいしそうなお好み焼きとピクルスが出来上がりました。

 

 

 

 

 

会場に香ばしいお好み焼きのいいにおいがいっぱいに広がっていました。きのこが苦手で、家では普段食べないというお子さんも、「今日はきのこのお好み焼き食べれたよ!」という子や「苦手だったけどブナピー4本だけ食べれた…」という子もいました。

【参加者の感想】(抜粋)

<保護者>

  • ぶなしめじの栽培の流れがわかり、勉強になりました。菌の研究からホクトでしているとは知りませんでした。
  • 子どもが苦手だったきのこを食べることができて良かったです。

<子ども>

  • 調理して食べたのが楽しかった。
  • きのこが成長するのに3週間もかかることに驚いた。

南日味噌の見学と四季防災館で防災について学ぶ!!

2019年8月13日

2019年8月8日(木)  参加者 親子あわせて 5組15人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は砺波センターエリアの組合員を対象に南日味噌四季防災館へ行ってきました。

最初に向かったのは南日味噌醤油(株)。南日味噌の工場の中は、味噌の良い匂いがしていました。南日社長から、味噌づくりの工程の順番に沿って工場の中を見学しながら説明をしていただきました。

 

 

 

 

 

いつも「さくらみそ」を利用されている保護者の方が多く、お子さんより保護者の方が熱心に質問!「さくらみそ」が味噌の甘みがあっておいしい理由は、他の安価な味噌と違って、糀にこだわり、富山県産米の手造り糀を使っているためだということを教えていただきました。参加者は、おいしさの決め手「米こうじ」をそのまま食べてみました。口の中でよ~く噛んでみると、ほんのりとした甘みが。お子さんたちは、ちょっぴり微妙な顔つきでした…。

 

 

 

←こうじをパクッ。なんとも言えないこの表情。

 

次に訪れた四季防災館では、地震体験や消火体験、煙からの避難体験をしました。

地震体験では、阪神・淡路大震災、熊本地震、東日本大震災などの地震を再現した揺れを体験しました。

 

 

 

 

 

それぞれの地震によって揺れ方が全く違うことを体感しました。震度7クラスの地震になると、装置のバーにしっかりしがみつき、足をふんばっていないと立っていることも難しく、この揺れがふいにやってくると思うと本当に恐ろしくなりました。中には、怖くて途中でリタイヤしたお子さんもいたくらいです。保護者の方たちも、「これが突然来たのかと思うと、ほんとに怖いよね…」と口々に言っておられました。

消火体験では、消火活動の手順や消火器の使い方を教わり、実際に消火器も使ってみました。火事を見つけたら、まずは大きな声で「火事だぁ~」と叫んで、周りの人たちに知らせ、消火器で消火活動!

 

 

 

←みんなあわてないで消火器を使えたかな?

 

消火器の使い方をわかっていないと、いざ火事が起こった時にあわててしまい、うまく使うことができないということを実感しました。

 

 

 

 

 

参加者みんなで記念撮影。一日いろいろな体験をして楽しかったね!

【参加者の感想】(抜粋)

  • さくらみその甘みの理由がわかりました。地震の怖さがわかりました。
  • 防災について考えなおしました。
  • 地震の揺れの体験が勉強になりました。でもこわかった。
  • 消火器の体験ができて良かった。楽しかった。

中本農園でとうもろこし狩りと小松菜収穫体験!!

2019年8月1日

2019年7月30日(火) 参加者 親子合わせて11組28人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は北部センターエリアの組合員を対象に石川県の中本農園へ行ってきました。

まずは、小松菜の収穫体験!ハウスの中では、生産者の方々が小松菜の収穫と袋詰め作業をされていました。収穫をしながら、生産者の方ともお話することができ、葉っぱなど傷んだものが混じらないように気をつけて収穫されていることや、袋詰めの時も葉っぱに傷がつかないように新聞紙を使いながら袋に丁寧に詰めるようにしていることなど聞くことができました。暑いハウスの中での作業の大変さがよくわかりました。

中本さんに、「どうやってお水をあげているのですか?」「お水をあげる時間は決まっているのですか?」など質問をしているお子さんもいました。

 

 

 

 

 

お楽しみのとうもろこし狩り。少し前までは、曇り空が続いていたため、生育が遅れていたそうですが、ここ数日の好天で成長がすすんで大人の背丈ほどにまで大きくなっていました。中本さんにおいしいとうもろこしの見分け方やもぎ取り方を教えてもらってから畑に入り、どれがいいかよ~く見て選びます。

 

 

 

←大きく育ったとうもろこしの畑に入ると大人の姿も見えなくなるくらいです。

 

 

 

 

 

 

もぎたてのとうもろこしを生のままガブリ!!「あまいっ!おいしい♪」

生のまま食べられるのは、とうもろこし狩りに来ないとできない体験。みんな大満足でした。

【参加者の感想】(抜粋)

  • 初めて体験させていただき、楽しい時間を過ごせました。子どもともふれ合えてよかったです。
  • 小松菜がハウスで栽培されているところを初めてみました。
  • 小松菜ととうもろこしを収穫できたのが楽しかった。もっと収穫したかった。
  • 小松菜の収穫が楽しかったです。

土遊野(富山市(旧)大沢野町)で自然体験!!

2019年7月16日

2019年7月15日(月・祝) 土遊野  参加者 親子あわせて 9組23人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は、小雨が降るあいにくの天候だったのですが、富山県有機農業研究会の親子3組7人も一緒に参加し、土遊野で自然体験を楽しんできました。

講師の田中先生に来ていただき、土遊野の棚田の一つで田んぼの生きものしらべをしました。子どもたちは、田んぼの中を真剣なまなざしでじ~っと観察しながら、虫取り網をスタンバイ!「あっ!トノサマガエル見つけた!」「先生、この虫なに?」「サワガニつかまえたよ!」と雨の中、子どもたちの楽しそうな声が響いていました。

 

 

 

 

 

1000羽近くのニワトリを平飼いされている鶏舎も見学しました。国産の穀物や土遊野で作った米などを中心に配合して発酵させた飼料を与えていることをお話していただきました。

 

 

 

 

 

鶏舎のニワトリが卵を産んだ瞬間を見た参加者からは「おぉ~!!」と驚きの声が上がりました。まわりがヌルッとしていて、とても温かい産まれたての卵を子どもたちは代わる代わる触ってみました。

わらのえさを与えてみたりしながら“やぎ”も見ることもできました。

 

 

 

 

 

田中先生から自然と生きものについてお話を聞きました。田んぼにいる小さな虫などの生きものは田んぼの栄養に必要で、生きものがいないとお米ができないということ、ツバメや里山に住んでいるたぬきやキツネもみんな田んぼでお米を作るときには必要な動物だということを教えていただきました。「富山の自然はおいしいお米を作るのに適しているんだよ」とお話され、自然と生きものの大切さを改めて感じることができました。

 

 

 

 

 

【参加者の感想】(抜粋)

<保護者>

  • 有機農業が循環していることが良く分かった。ニワトリが自由に飼われていてたくましかった。
  • 田んぼにはたくさんの種類の生きものがいて、それぞれ必要なんだと感じました。

<子ども>

  • 生きものを捕まえることができて楽しかった。カモがかわいかった。
  • 卵を産むところが見れて、産みたての卵をさわれたことが楽しかった。

ミックスキャロットの工場見学に行ってきました!

2018年8月25日

2018年8月23日(木) ゴールドパック  参加者 親子あわせて 5組14人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は、新川地区の組合員を対象に長野県にあるミックスキャロットの工場(ゴールドパック)へ行ってきました。

まずは、DVDでゴールドパックの商品づくりのこだわりや徹底した品質管理について学びます。

 

 

 

 

ジュースの製造ラインの見学です。ガラス越しに紙パックやペットボトル、缶ジュースが次々とラインに流れてくる様子を大人も子どもも釘付けになって見ています。

 

 

 

 

 

とても大きな工場内でも作業をする“人”は少なく、ほとんどがオートメーション化されていることに驚きました。ミックスキャロットの試作段階の缶が飾ってありましたよ!歴史を感じる一場面でした。

 

 

 

みんなで記念撮影♪

 

【参加者の感想】(抜粋)

<保護者>

  • 全てに驚きです。各製造ラインの流れ、チェックの厳しさ…ほとんどが機械で人の少なさにも感心しました。
  • 普段入れない工場見学は、子どもたちにも良い勉強になったと思います。
  • 懐かしい缶パッケージに少々感激。

<子ども>

  • きれいな工場で人が少ししかいなかった。人が少なくてもがんばってやっていると思った。
  • パックジュースのストローが付けられるところを見ることができた。

 

土遊野(富山市(旧)大沢野町)で自然体験を満喫!!

2018年7月18日

2018年7月16日(月・祝) 土遊野  参加者 親子あわせて 10組39人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は、「CO・OP共済地域ささえあい助成」の協賛を受けた取り組みとして、婦中センター地域の組合員と大沢野小学校4年生までの参加希望者、富山県有機農業研究会メンバーを対象に土遊野へ行ってきました。

山道を登っていくと、棚田が広がっています。いのししが田んぼに入らないように電気柵が張られていることや、田んぼの水を八尾町の山のほうから引いてきていること、農薬や化学肥料を使わない有機JAS認定の有機栽培米を作っておられることなどの説明を聞きました。

次は、子どもたちが楽しみにしている「田んぼの生きものしらべ」です!

 

 

 

 

 

今回は、講師として富山県自然博物館 野生鳥獣共生管理員の田中先生に来ていただきました。

みんな田んぼの中にどんな生きものがいるのか興味津々。「なんか網にはいっとる!!先生これ何ていう虫?」「先生!なんか捕まえた!」と自分で捕まえた生きものを得意げに先生に見てもらいます。まわりの子どもたちも「見せて見せて!すご~い」とあちこちで楽しそうな声が聞こえてきました。

田中先生から、自然環境が昔と変わってしまい、絶滅してしまった虫の話なども聞くことができ、自然を守っていくことの大切さを考えさせられました。

やぎの乳搾りも一人ずつ体験しました♪

 

 

 

 

ちょっと怖がりながらも、やり方を教えてもらってみんな頑張ってやってみます。「やぎのお乳あったか~い!」「できたぁ!」ととっても楽しそうでした。

お待ちかねのお昼ごはん。今日のメニューは、土遊野で栽培された有機栽培米・もち麦と有機野菜のカレーライスとサラダ、デザートは玄米粉のシフォンケーキです。

 

 

 

 

みんなで食べておいしいね!

 

 

 

 

これは何をしているところかというと…

土遊野では食器を洗う時に、環境のためになるべく洗剤を使わないようにしているということで、各自食べ終わったお皿を古新聞でふき取って返却していただきました。自然と共存して生活をしていくということは、こういったところにも気を配る必要があるのだと実感しました。

短い時間でしたが、親子で自然の中での様々な体験を楽しみ、学ぶことができました。

【参加者の感想】(抜粋)

  • 自然にはたくさんの生きものがいることを改めて感じたことと、環境保全の必要性を感じました。
  • 普段の生活では体験できないことがいろいろできて良かったです。
  • にわとりが卵を産んだところを見られて嬉しかった。おもしろかった。
  • 初めて見る生きものや初めて知ったことがたくさんあった。

 

とやまアルペン乳業と商品センターに行ってきました!!

2017年11月25日

 

2017年11月23日(木・祝) とやまアルペン乳業・CO・OPとやま商品センター

                    参加者 親子あわせて 10組28人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は、北部センターエリアの組合員を対象に生協牛乳でおなじみのとやまアルペン乳業とCO・OPとやまの商品センターへ行ってきました。

最初に、とやまアルペン乳業を見学しました。入り口を入ってすぐに、生乳が運ばれてくる貯乳タンクがありました。生乳が運ばれてきた段階で、細菌や抗生物質が残っていないかなどの受け入れ検査をされて、合格しない場合は、せっかく運ばれてきた生乳がタンクごと全部廃棄されてしまうということを聞いてびっくり!!生協専用のタンクがあり、他の生乳とは混じらないように分けられているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは検査室です。富山県内の牛乳製造メーカーの中で自社の検査室があるのはとやまアルペン乳業だけ。毎日厳しい検査をして安全な牛乳を製造しておられることがわかりました。

 

 

 

 

 

牛乳の製造ラインです。つぎつぎと牛乳がパック詰めされてくる様子を皆さん熱心に見学しておられました。子どもたちからは、「すご~い!」「おもしろいね」という声が聞こえてきました。

 

 

 

 

 

DVDで牛乳について詳しく学習した後は、参加者全員で大きなモーモーちゃんの前で記念撮影♪

次に、CO・OPとやまの物流施設がある商品センターも見学しました。

 

 

 

 

 

 

毎週届けられる商品案内などのチラシをセットしている様子を見ることができました。何種類ものチラシが、機械であっという間に束になってセットされてくる様子には皆さん驚いていました。

 

 

 

 

 

こちらは農産品のパックセンターです。ミニトマト、人参、バナナを丁寧に検品しながら、パック詰めをしている様子を見学しました。「生協の農産品はこんなに細かくチェックされているんだね~」と感心する声が聞かれました。

 

 

 

 

 

冷蔵商品の箱詰めラインやシッパーの袋かけ作業も見学しました。手早く商品をシッパーに入れていく箱詰め作業に皆さん驚き!でした。

肌寒い一日でしたが、親子でいろいろなことを見て・聞いて・学ぶことができた「おでかけ隊」となりました 🙂

【参加者の感想】(抜粋)

  • アルペン乳業でのヨーグルトパック詰めが手作業だったことに驚きました。
  • アルペン乳業で牛乳の製造ラインを見ることが出来て楽しかった。
  • いつも何気なく配達していただいている商品が、多くの人たちの手で箱に入れられ、我が家に届いていることがとてもおもしろく、また、感謝しました。
  • いろいろオートメーション化されていたが、仕分けなど人の手がやはり必要なんだなと、多くの働いている人を見て思いました。

 

ホクト(ぶなしめじ工場)に行ってきました!!

2017年10月3日

2017年9月30日(土) ホクト  参加者 親子あわせて 5組12人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は、砺波地区の組合員を対象に富山市八尾町にあるホクトのカットブナシメジ工場へ行ってきました。

 

 

 

 

この工場は昨年の9月から稼動が始まったばかりで、まだ新しく、とても大きな工場でした。1階はブナシメジの芽出し室や生育室、2階は培養室となっているそうです。

 

 

 

 

まずはDVDでホクトのきのこについて皆さんで学習しました。ホクトは日本で初めてエリンギの人工大規模栽培に成功した会社だということや、きのこの生産センターが全国にたくさんあり、住んでいる地域になるべく近いセンターから商品を届けるようにしていらっしゃること、この工場では1日に10トンのカットブナシメジが生産されていることなどを学びました。

 

 

 

 

 

いよいよカットブナシメジの袋詰め工程の見学です。皆さん白衣、帽子、マスク姿になり、粘着ローラーを使って付着物がないように準備をして見学しました。衛生管理がしっかりされていることがわかります。工場内は撮影禁止でした…工程をお見せできなくて残念。

栽培されたブナシメジが石づきの上からカットされて、バラバラになったものが集められ、次々と袋に包装されていく様子を間近で見ることができました。

この後、CO・OPとやま本部の組合員ホールへ移動し、いろんな種類のきのこを使って親子一緒に調理をしました!

 

 

 

 

 

本日のメニューは『きのこたっぷりカレー』と『きのこの浅漬け』です。子どもたちはお母さんに包丁の使い方を習いながら材料を切ったり、お父さんと一緒にきのこを炒めたりしてとても楽しそう♪

 

 

 

 

 

できあがったカレーライスと浅漬けを食べながらグループごとに交流しました。「おいしい!!」とおかわりをして食べる子もたくさんいて、どのグループもきれいに全部食べてしまいました。

きのこの特徴や美味しい使い方、料理レシピなども知ることができ、ちょっぴりきのこ博士に近づくことができた『おでかけ隊』となりました。

【参加者の感想】(抜粋)

<保護者>

  • 工場でしめじをバラして包装するラインを見てから、(しめじ嫌いの子が)きのこのカレーを食べてくれるようになってうれしいです。
  • きのこそれぞれの特徴を知ることができました。利点を改めて学習できて、もっと利用したくなりました。

<子ども>

  • 工場の人の説明でいろんなきのこの事を知ることができました。
  • カレーを作るのが楽しかったです。おいしかった!
  • 白衣を着てしめじを袋詰めするところを見れて楽しかった。

 

 

とやまアルペン乳業と商品センターに行ってきました!!

2017年9月20日

2017年9月18日(月) とやまアルペン乳業・CO・OPとやま商品センター

                    参加者 親子あわせて 10組19人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は高岡地区の組合員を対象に生協牛乳でおなじみのとやまアルペン乳業とCO・OPとやまの商品センターへ行ってきました。

最初に見学に訪れたのはとやまアルペン乳業です。樋口社長より熱心な説明を交えながら案内していただきました。

 

 

 

 

 

生乳が運ばれてくる貯乳タンクや牛乳の製造ラインも見ることができました!特に製造ラインは次々と紙パックに牛乳が充填され、製品として出来上がってくる様子に大人も子どもも「すご~い!!」 😯 と釘付けになって見ていました。

 

 

 

 

 

 

↑ 樋口社長に熱心に質問をするお子さんもいましたよ!!

今年5月に容器がリニューアルした「プレーンヨーグルト生乳仕立て」を製造しているところも見学しました。

 

 

 

 

 

 

ひとつひとつ手作業でパックにヨーグルトを詰めておられるそうです。これには参加した皆さんびっくり!「とても手間がかかっているんやね~」と感心させられました。

 

次に、CO・OPとやまの物流施設がある商品センターも見学しました。

 

 

 

 

 

 

↑ まずは、ドライ商品のラインを見学!いつも見慣れている商品がたくさん並んでいました。

 

 

 

 

 

↑ わくわくこ~ぷなどの商品案内チラシを袋詰め作業。テキパキとすばやくセットされていく様子を間近に見ることができました。

 

 

 

 

 

↑ 冷蔵商品のピック(箱詰め)作業。発泡スチロールの箱の中に手早く商品が入れられていく様子に「こんなふうに手作業でやっておられるんだね~」と皆さん驚いていました。

 

 

 

 

 

 

今回参加された皆さん 🙂 子どもたちもすっかり仲良くなって楽しい一日でした。

【参加者の感想】(抜粋)

  • 牛乳について、並々ならない情熱とこだわりを強く感じました。
  • なにげなくいつもおいしく頂いている牛乳が、富山県は牛の餌作りが難しいことなどで割高になってしまうことを知り、ご苦労されていることがよくわかりました。
  • これからはアルペン乳業の生協牛乳を利用しようと思いました。
  • 牛乳パックに牛乳を入れるところが見ることができて楽しかった。
  • 商品が自宅に届くまで多くの人の手がかかっているのがわかったので、とてもありがたく思いました。

 

中本農園へとうもろこし狩りに行ってきました!!

2017年8月3日

2017年8月1日(火) 中本農園  参加者 親子あわせて 11組28人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は新川地区の組合員を対象に石川県の中本農園へ行ってきました。

 

 

小松菜が栽培されているハウスの中を見学しました。ひとつひとつ手作業で収穫して袋詰めをされていることがわかりました。

 

いよいよお待ちかねのとうもろこし狩りです。自分の背丈より大きく育ったとうもろこしの畑の中に入って、「どれが大きいかな?」「おいしそうなとうもろこしはどれかな?」とじっくり選びながら収穫体験をしました。

 

 

 

 

 

 

もぎたてのとうもろこしを子どもたちは生のままむしゃむしゃ…

「甘~い!!」「おいしいっ!!」と初めて食べた生のとうもろこしに大喜びでした。

 

 

 

 

 

【参加者の感想】(抜粋)

  • 大規模農家の敷地の広さに驚きました。
  • 初めてのとうもろこし狩りが楽しかったです。とりたてのとうもろこしは甘くてとてもおいしかったです。また参加したいです。
  • もぎたてのとうもろこしは今まで食べていたものとはまったく異なる食感で、その歯ごたえと甘さにびっくりしました。
  • とうもろこしをママよりもいっぱいとったことが楽しかった。生で食べたとうもろこしは最高!