行こう!学ぼう!おでかけ隊

ホクト(ブナシメジ工場)に行ってきました!!

2019年8月22日

2019年8月20日(火) ホクト  参加者 親子あわせて 3組8人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は、新川地域の組合員を対象に富山市八尾町にあるホクトのカットブナシメジ工場へ行ってきました。

まずは、カットブナシメジが出荷されるまでの工程を見学しました。工場の方から説明をよ~く聞いてから、白衣、帽子、マスク姿になり、粘着ローラーを使って付着物がないように準備をしてから工場の中へ入ります。

 

 

 

 

 

手洗いもしっかりして、直前には、もう一度エアーガンを体にあててほこりなどを落とし、異物が入らないようにしてから工場へ!衛生管理が徹底されていて、工場内は撮影禁止なので、皆さんには写真でお見せできません…

プラスチック容器にぶなしめじの菌が植え付けられた培地がつぎつぎに培養室に流れていく様子や、成長したぶなしめじが次のカットの工程へどんどん送られていく様子も見ることができました。カットされたしめじが袋詰めされる時も、異物混入がないかしっかりチェックされているところも見学しました。

工場見学の後は、CO・OPとやま本部の組合員ホールできのこを使ったお料理に親子で挑戦です!!ホクトさんから持って来ていただいたエリンギとぶなしめじの収穫体験もしました。 🙂

 

 

 

 

 

皆さん初めての体験♪新鮮なきのこってこんなに軸に張りがあってしっかりしているんだね~と。これから新鮮なきのこを選ぶ参考になりそうですね。

おばあちゃんやお母さんと一緒に「きのこのお好み焼き」「きのこと夏野菜のピクルス」を調理します。包丁の使い方などを教えてもらいながら、みんな頑張りました。

 

 

 

 

 

きのこが苦手なお子さんが多く、調理中にも「きのこの匂いがぁ・・・」という声も聞こえてきたりしましたが、おいしそうなお好み焼きとピクルスが出来上がりました。

 

 

 

 

 

会場に香ばしいお好み焼きのいいにおいがいっぱいに広がっていました。きのこが苦手で、家では普段食べないというお子さんも、「今日はきのこのお好み焼き食べれたよ!」という子や「苦手だったけどブナピー4本だけ食べれた…」という子もいました。

【参加者の感想】(抜粋)

<保護者>

  • ぶなしめじの栽培の流れがわかり、勉強になりました。菌の研究からホクトでしているとは知りませんでした。
  • 子どもが苦手だったきのこを食べることができて良かったです。

<子ども>

  • 調理して食べたのが楽しかった。
  • きのこが成長するのに3週間もかかることに驚いた。

南日味噌の見学と四季防災館で防災について学ぶ!!

2019年8月13日

2019年8月8日(木)  参加者 親子あわせて 5組15人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は砺波センターエリアの組合員を対象に南日味噌四季防災館へ行ってきました。

最初に向かったのは南日味噌醤油(株)。南日味噌の工場の中は、味噌の良い匂いがしていました。南日社長から、味噌づくりの工程の順番に沿って工場の中を見学しながら説明をしていただきました。

 

 

 

 

 

いつも「さくらみそ」を利用されている保護者の方が多く、お子さんより保護者の方が熱心に質問!「さくらみそ」が味噌の甘みがあっておいしい理由は、他の安価な味噌と違って、糀にこだわり、富山県産米の手造り糀を使っているためだということを教えていただきました。参加者は、おいしさの決め手「米こうじ」をそのまま食べてみました。口の中でよ~く噛んでみると、ほんのりとした甘みが。お子さんたちは、ちょっぴり微妙な顔つきでした…。

 

 

 

←こうじをパクッ。なんとも言えないこの表情。

 

次に訪れた四季防災館では、地震体験や消火体験、煙からの避難体験をしました。

地震体験では、阪神・淡路大震災、熊本地震、東日本大震災などの地震を再現した揺れを体験しました。

 

 

 

 

 

それぞれの地震によって揺れ方が全く違うことを体感しました。震度7クラスの地震になると、装置のバーにしっかりしがみつき、足をふんばっていないと立っていることも難しく、この揺れがふいにやってくると思うと本当に恐ろしくなりました。中には、怖くて途中でリタイヤしたお子さんもいたくらいです。保護者の方たちも、「これが突然来たのかと思うと、ほんとに怖いよね…」と口々に言っておられました。

消火体験では、消火活動の手順や消火器の使い方を教わり、実際に消火器も使ってみました。火事を見つけたら、まずは大きな声で「火事だぁ~」と叫んで、周りの人たちに知らせ、消火器で消火活動!

 

 

 

←みんなあわてないで消火器を使えたかな?

 

消火器の使い方をわかっていないと、いざ火事が起こった時にあわててしまい、うまく使うことができないということを実感しました。

 

 

 

 

 

参加者みんなで記念撮影。一日いろいろな体験をして楽しかったね!

【参加者の感想】(抜粋)

  • さくらみその甘みの理由がわかりました。地震の怖さがわかりました。
  • 防災について考えなおしました。
  • 地震の揺れの体験が勉強になりました。でもこわかった。
  • 消火器の体験ができて良かった。楽しかった。

中本農園でとうもろこし狩りと小松菜収穫体験!!

2019年8月1日

2019年7月30日(火) 参加者 親子合わせて11組28人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は北部センターエリアの組合員を対象に石川県の中本農園へ行ってきました。

まずは、小松菜の収穫体験!ハウスの中では、生産者の方々が小松菜の収穫と袋詰め作業をされていました。収穫をしながら、生産者の方ともお話することができ、葉っぱなど傷んだものが混じらないように気をつけて収穫されていることや、袋詰めの時も葉っぱに傷がつかないように新聞紙を使いながら袋に丁寧に詰めるようにしていることなど聞くことができました。暑いハウスの中での作業の大変さがよくわかりました。

中本さんに、「どうやってお水をあげているのですか?」「お水をあげる時間は決まっているのですか?」など質問をしているお子さんもいました。

 

 

 

 

 

お楽しみのとうもろこし狩り。少し前までは、曇り空が続いていたため、生育が遅れていたそうですが、ここ数日の好天で成長がすすんで大人の背丈ほどにまで大きくなっていました。中本さんにおいしいとうもろこしの見分け方やもぎ取り方を教えてもらってから畑に入り、どれがいいかよ~く見て選びます。

 

 

 

←大きく育ったとうもろこしの畑に入ると大人の姿も見えなくなるくらいです。

 

 

 

 

 

 

もぎたてのとうもろこしを生のままガブリ!!「あまいっ!おいしい♪」

生のまま食べられるのは、とうもろこし狩りに来ないとできない体験。みんな大満足でした。

【参加者の感想】(抜粋)

  • 初めて体験させていただき、楽しい時間を過ごせました。子どもともふれ合えてよかったです。
  • 小松菜がハウスで栽培されているところを初めてみました。
  • 小松菜ととうもろこしを収穫できたのが楽しかった。もっと収穫したかった。
  • 小松菜の収穫が楽しかったです。

土遊野(富山市(旧)大沢野町)で自然体験!!

2019年7月16日

2019年7月15日(月・祝) 土遊野  参加者 親子あわせて 9組23人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は、小雨が降るあいにくの天候だったのですが、富山県有機農業研究会の親子3組7人も一緒に参加し、土遊野で自然体験を楽しんできました。

講師の田中先生に来ていただき、土遊野の棚田の一つで田んぼの生きものしらべをしました。子どもたちは、田んぼの中を真剣なまなざしでじ~っと観察しながら、虫取り網をスタンバイ!「あっ!トノサマガエル見つけた!」「先生、この虫なに?」「サワガニつかまえたよ!」と雨の中、子どもたちの楽しそうな声が響いていました。

 

 

 

 

 

1000羽近くのニワトリを平飼いされている鶏舎も見学しました。国産の穀物や土遊野で作った米などを中心に配合して発酵させた飼料を与えていることをお話していただきました。

 

 

 

 

 

鶏舎のニワトリが卵を産んだ瞬間を見た参加者からは「おぉ~!!」と驚きの声が上がりました。まわりがヌルッとしていて、とても温かい産まれたての卵を子どもたちは代わる代わる触ってみました。

わらのえさを与えてみたりしながら“やぎ”も見ることもできました。

 

 

 

 

 

田中先生から自然と生きものについてお話を聞きました。田んぼにいる小さな虫などの生きものは田んぼの栄養に必要で、生きものがいないとお米ができないということ、ツバメや里山に住んでいるたぬきやキツネもみんな田んぼでお米を作るときには必要な動物だということを教えていただきました。「富山の自然はおいしいお米を作るのに適しているんだよ」とお話され、自然と生きものの大切さを改めて感じることができました。

 

 

 

 

 

【参加者の感想】(抜粋)

<保護者>

  • 有機農業が循環していることが良く分かった。ニワトリが自由に飼われていてたくましかった。
  • 田んぼにはたくさんの種類の生きものがいて、それぞれ必要なんだと感じました。

<子ども>

  • 生きものを捕まえることができて楽しかった。カモがかわいかった。
  • 卵を産むところが見れて、産みたての卵をさわれたことが楽しかった。

ホクト(ぶなしめじ工場)見学と親子料理教室!

2019年7月15日

CO・OPとやまキッズクラブ“行こう!学ぼう!おでかけ隊”では、「カットぶなしめじ」でおなじみの「ホクト」の工場見学ときのこを使った親子料理教室の企画をしました。
お子さんとご一緒に夏休みの思い出づくりに参加しませんか?

対 象  年中児~小学生のお子さんとその保護者

日にち  8月20日(火)

定員  親子あわせて17名 ※応募多数の場合は抽選を行います。抽選結果は、8月9日までに郵送でお知らせします。

参加費  一人400円(材料費)

申し込み  電話、または、参加申し込みフォームからお申し込みください。   ※集合場所はCO・OPとやま新川センター か新川文化ホールのみとなりますので、どちらかに集合していただくことが参加条件となります。ご了承ください。

持ち物   飲み物(各自でご持参ください)【工場見学時】お子さん用の内履き(スリッパ)、髪をしばるゴム(髪が長い方)【調理時に必要なもの】エプロン、マスク、手を拭くタオル、三角巾(お子さん用の包丁やまな板を使われる方は当日ご持参ください)

申し込み〆切 7月26日(金)17:30まで

詳しい内容は下の画面をクリックしてください。ホームページからも参加申し込みできます。

ホームページでの参加申し込みはこちらから

南日味噌の見学と四季防災館で防災について学ぼう!

2019年7月8日

CO・OPとやまキッズクラブ“行こう!学ぼう!おでかけ隊”では、「さくらみそ」でおなじみの「南日味噌」の見学と、四季防災館で防災について学ぶ企画をしました。お子さんとご一緒に夏休みの思い出づくりに参加しませんか?

対 象  年中児~小学生のお子さんとその保護者

日にち  8月8日(木)

定員  親子あわせて17名※応募多数の場合は抽選を行います。7月26日までに抽選結果を郵送でご案内します。

参加費 昼食代のみ(和食麺処サガミ 掛尾店) ※現地でお支払いください。

 大人:1300円(税込)   子ども(低学年以下):850円(税込)

※お子さんの850円のメニューは低学年以下向けのため、小学生でも大人と同じメニューをご希望の方は大人メニューをお選びください。

申し込み 電話、または、参加申し込みフォームからお申し込みください。※集合場所はCO・OPとやま砺波センター かCO・OPとやま高岡センターのみとなりますので、どちらかに集合していただくことが参加条件となります。ご了承ください。

申し込み〆切 7月12日(金)17:30まで

詳しい内容は下の画面をクリックしてください。ホームページからも参加申し込みできます。

ホームページでの参加申し込みはこちらから

中本農園でとうもろこし狩りと小松菜収穫体験をやってみよう!

2019年6月25日

CO・OPとやまキッズクラブ“行こう!学ぼう!おでかけ隊”では、“中本さんの小松菜”でおなじみの「中本農園」でとうもろこし狩りと小松菜収穫体験を企画しました。お子さんとご一緒に夏休みの思い出づくりに参加しませんか?

対 象  年中児~小学生のお子さんとその保護者

日にち  7月30日(火)(雨天決行)

定員  親子あわせて30名※定員を超えるときは抽選を行います。7月19日までに抽選結果を郵送でご案内します。

参加費  とうもろこし狩り(5本)・小松菜収穫体験1袋で1セット800円は、現地でお支いください。(昼食は金沢市内の近江町市場付近で各自自由にとっていただきます。)

申し込み 話、または、参加申し込みフォームからお申し込みください※集合場所はCO・OPとやま北部センター か(射水市)薬勝寺池公園駐車場のみとなりますので、どちらかに集合していただくことが参加条件となります。ご了承ください。

申し込み〆切 7月5日(金)17:30まで

詳しい内容は下の画面をクリックしてください。ホームページからも参加申し込みできます。

ホームページでの参加申し込みはこちらから

 

ミックスキャロットの工場見学に行ってきました!

2018年8月25日

2018年8月23日(木) ゴールドパック  参加者 親子あわせて 5組14人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は、新川地区の組合員を対象に長野県にあるミックスキャロットの工場(ゴールドパック)へ行ってきました。

まずは、DVDでゴールドパックの商品づくりのこだわりや徹底した品質管理について学びます。

 

 

 

 

ジュースの製造ラインの見学です。ガラス越しに紙パックやペットボトル、缶ジュースが次々とラインに流れてくる様子を大人も子どもも釘付けになって見ています。

 

 

 

 

 

とても大きな工場内でも作業をする“人”は少なく、ほとんどがオートメーション化されていることに驚きました。ミックスキャロットの試作段階の缶が飾ってありましたよ!歴史を感じる一場面でした。

 

 

 

みんなで記念撮影♪

 

【参加者の感想】(抜粋)

<保護者>

  • 全てに驚きです。各製造ラインの流れ、チェックの厳しさ…ほとんどが機械で人の少なさにも感心しました。
  • 普段入れない工場見学は、子どもたちにも良い勉強になったと思います。
  • 懐かしい缶パッケージに少々感激。

<子ども>

  • きれいな工場で人が少ししかいなかった。人が少なくてもがんばってやっていると思った。
  • パックジュースのストローが付けられるところを見ることができた。

 

ホクト(ブナシメジ工場)に行ってきました!!

2018年8月10日

2018年8月9日(土) ホクト  参加者 親子あわせて 7組17人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は、富山北地区・射水市エリアの組合員を対象に富山市八尾町にあるホクトのカットブナシメジ工場へ行ってきました。

ブナシメジの菌を植え付けし、収穫して出荷できるまでに100日かかることや、この工場では1日に10トンのカットブナシメジが生産されていることなどを説明していただきました。栽培途中のシメジの赤ちゃんも見ることができましたよ!

 

 

 

 

 

カットブナシメジの袋詰め工程の見学です。白衣、帽子、マスク姿になり、粘着ローラーを使って付着物がないように準備をしてから工場の中へ入りました。衛生管理を徹底されているのですね。残念ながら工場内は撮影禁止なので工程をお見せできません・・・ 😥

 

 

 

 

 

栽培されたブナシメジが石づきの上からカットされ、バラバラになったものを、次々と袋に包装されていく様子を見学しました。

工場見学の後は、CO・OPとやま本部の組合員ホールで親子できのこを使ったお料理に挑戦!!

 

 

 

 

 

 

本日のメニューは『きのこのキーマカレー』『きのこと野菜のピクルス』『きのこのサンラータン』です。子どもたちはお母さん・おばあちゃんに包丁の使い方を習いながら材料を切ったりして楽しく調理をすすめました。1時間くらいであっという間に3品出来上がり~♪

出来上がった料理を食べながら、いろいろなきのこのお話をきいたり、きのこの栄養についても学びました!きのこが苦手だった子が、今日はきのこを使った料理を食べれるようになったという姿もみられました。

【参加者の感想】(抜粋)

<保護者>

  • 普段見ることができない工場を見学できてとても興味深かったです。きのこのことも詳しく知ることができて、ためになりました。
  • きれいな工場で衛生的に生産されていることに感動しました。
  • 孫がしっかり料理を作っていたのでびっくりしました。家でも一緒に作りたいです。

<子ども>

  • きのこがどんな風にそだつのかよくわかった。
  • きのこのことが詳しくなった。きのこがこんなにおいしいとは思わなかった。

中本農園でとうもろこし狩り!!

2018年8月8日

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は砺波センターエリアの組合員を対象に石川県の中本農園へ行ってきました。

 

 

 

 

 

「これ、太くておいしそうじゃない?」「どれがいいかな~?」と真剣に選びながらとうもろこし狩りを楽しみました。

 

 

 

 

 

もぎたてのとうもろこしを生のまま“がぶっ!!”「みずみずしい~!!」「え~っ甘い 🙂 」とみんな初めて食べる生のとうもろこしのおいしさにびっくりです。もぎたての新鮮なとうもろこしだからこそ味わえるおいしさでした。

中本農園さんといえば、やっぱり小松菜。小松菜のハウスも見学しました。

 

 

 

 

 

ハウスの中では、手作業で小松菜を量って袋づめをしておられるところを見ることができました。子どもたちから「何時から作業をしているのですか?」「水やりはどうやってしているのですか?」と質問している姿もみられました。

【参加者の感想】(抜粋)

  • とうもろこし狩りでとれたてのとうもろこしの甘さに驚きました。生でもとてもおいしくいただけました。生産者の方たちに感謝です。
  • 小松菜を手作業で重さを量って袋づめをしていて大変そうでした。
  • 初めてのとうもろこしの収穫。友達と一緒に体験できたことが楽しかった。