中本農園でとうもろこし狩りと小松菜収穫体験!!

2019年8月1日

2019年7月30日(火) 参加者 親子合わせて11組28人

「行こう!学ぼう!おでかけ隊」は親子一緒に参加できるイベントを通して、食、農業、自然環境について学ぶきっかけづくりをするとともに、生協活動や商品の良さを再認識する取り組みの一つとして開催しています。

今回は北部センターエリアの組合員を対象に石川県の中本農園へ行ってきました。

まずは、小松菜の収穫体験!ハウスの中では、生産者の方々が小松菜の収穫と袋詰め作業をされていました。収穫をしながら、生産者の方ともお話することができ、葉っぱなど傷んだものが混じらないように気をつけて収穫されていることや、袋詰めの時も葉っぱに傷がつかないように新聞紙を使いながら袋に丁寧に詰めるようにしていることなど聞くことができました。暑いハウスの中での作業の大変さがよくわかりました。

中本さんに、「どうやってお水をあげているのですか?」「お水をあげる時間は決まっているのですか?」など質問をしているお子さんもいました。

 

 

 

 

 

お楽しみのとうもろこし狩り。少し前までは、曇り空が続いていたため、生育が遅れていたそうですが、ここ数日の好天で成長がすすんで大人の背丈ほどにまで大きくなっていました。中本さんにおいしいとうもろこしの見分け方やもぎ取り方を教えてもらってから畑に入り、どれがいいかよ~く見て選びます。

 

 

 

←大きく育ったとうもろこしの畑に入ると大人の姿も見えなくなるくらいです。

 

 

 

 

 

 

もぎたてのとうもろこしを生のままガブリ!!「あまいっ!おいしい♪」

生のまま食べられるのは、とうもろこし狩りに来ないとできない体験。みんな大満足でした。

【参加者の感想】(抜粋)

  • 初めて体験させていただき、楽しい時間を過ごせました。子どもともふれ合えてよかったです。
  • 小松菜がハウスで栽培されているところを初めてみました。
  • 小松菜ととうもろこしを収穫できたのが楽しかった。もっと収穫したかった。
  • 小松菜の収穫が楽しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です