2017年4月

糸魚川市駅北大火被害義援金を贈呈しました

2017年4月13日

2017年4月3日(月)13時より 糸魚川市役所にて

 

2016年12月22日(木曜日)に発生した「糸魚川市駅北大火」は、南からの強風により被害が拡大し、被害家屋147棟(うち全焼120棟)を数える大規模火災となりました。

被害に遭われたみなさまには、心よりお見舞い申し上げます。

CO・OPとやまでは、被災された方々が1日も早く復旧されることを願い、翌年1月より義援金募金に取り組んだところ、1,053,300円の善意が寄せられました。

 

4月3日にCO・OPとやま 稲垣理事長、富山県生協 松浦理事長、新潟県生協連合会 長谷川会長理事が糸魚川市を訪問し、織田糸魚川副市長に義援金の目録を贈呈しました。

織田糸魚川副市長からは、感謝の気持ちが述べられ、義援金は被災された方々に配分するとの挨拶がありました。

稲垣理事長より目録を贈呈

左より 長谷川会長理事(新潟県生協連)、稲垣理事長(CO・OPとやま)、織田糸魚川副市長、松浦理事長(富山県生協)