その他

福島復興支援視察交流ツアーを開催しました

2018年11月28日

2018年11月23日(金)~11月24日(土)

生活協同組合CO・OPとやま・富山県生活協同組合 合同企画

CO・OPとやま参加者 21人 (全体の参加者は43人)

東日本大震災から7年が経過した被災地福島を訪れ、視察・交流を通じて被災地の現状を理解し、今後の支援について考えるきっかけとするため、富山県生協との合同企画で、視察・交流ツアーを行いました。

初日は、コープふくしまから宍戸常務理事、日野理事に同行していただき、福島第二原発近くの富岡町から福島第一原発のある大熊町と双葉町、そして浪江町を車窓から視察しました。富岡町では参加者がバスから降りて、海岸沿いに福島第二原発を見ながら、「私たちが今立っているすぐ下の辺りまで、当時は津波が押し寄せ、この辺り一帯が津波に飲み込まれて何もかもがなくなった」というお話を聴きました。

 

 

 

 

浪江駅は昨年4月に再開されたそうですが、駅前は車すらほとんど通らず、人の気配もなく閑散としていました。浪江町は一部帰還困難区域が解除されているとはいえ、帰って来ている人が5%ほどしかいないという現状を目の当たりにしました。

 

 

 

 

 

↑浪江駅周辺の様子

数年前までは除染された廃棄物が入ったフレコンバックが家の庭や田んぼなどいたるところに積み上げられていました。しかし、今回バスの車窓から見える風景は、そういったフレコンバックが片づけられているところが多くなっていましたが、なくなったのではなく、中間貯蔵施設等へ移動しただけ…7年が経過し、見た目は復興が進んでいるように見えますが、問題がなくなったわけではなく、本当の意味での復興にはまだ時間がかかると感じました。

二日目は、JAふくしま未来の加藤さんからは、震災後のJAの取り組みや農産物の現状について、「浪江まち物語つたえ隊」の松田さんからは紙芝居で震災当日の町の消防団の方の様子をお話していただきました。

JAふくしま未来の加藤さんから、水田、畑などの土、果樹の樹皮まで剥いで除染し、農産物は全品目放射性物質検査をして、安全な農産物を出荷しているのに、いまだに風評被害があり、価格が低いままだという話をお聴きしました。

 

 

 

 

松田さんからは、紙芝居で震災当日の町の消防団の方のお話をされ、原発事故のために津波にのまれた町の人々の捜索に向かうことができなかったことを今でも無念に思う気持ちが消えることがない、そして、現在でも放射能という見えない恐怖、わからない不安が人々の心を傷つけ続けているということを私たちに伝えてくださいました。

東日本大震災の被害は7年経った今でも終わっていないということがわかりました。原発事故の影響で故郷に帰りたくても帰ることができない人々や風評被害に苦しんでいる人々がいます。私たちは、福島のことを決して忘れることなく、遠く離れた富山からでも“できること”を続け、支援していくことが大切だと感じました。

 

 

 

 

←ツアー参加の皆さん

 

CO・OPとやま被災地応援隊 募集のお知らせ

2017年11月6日

東日本大震災から6年半が経過しました。
これまでCO・OPとやまでは、被災地を支援するため、組合員のみなさんより暖かい
ご支援をいただきながら様々な取り組みをすすめてまいりました。
これからも支援を続けてまいりますのでよろしくお願いします。
この間、被災地視察・交流や学習会など多くの組合員の方々に参加していただきましたが、
こうした企画以外に日常的に被災地を支援していくための活動参加のしくみとして
「CO・OPとやま被災地応援隊」を立ち上げます。参加登録をしていただいた方には、
下記のような情報を必要に応じてお届けします。
(基本的には共同購入配送時お届けします)
お知らせした情報の中から、参加いただけるものにご協力いただきたいと思います。

<具体的な活動内容イメージ(年度によって変わってきます)>

時期 イベント名など 活動内容
11月・7月 福島果物応援隊チラシの配布 りんご・桃などの贈答用チラシで、部数に限りがあり全員配布はできないもの。
3月 福島の今を知る学習会 当日参加やスタッフ協力
7~8月 福島子ども保養プロジェクト 参加者へのプレゼント作りの協力
当日ボランティアスタッフ協力
時期未定
(年1回)
被災地視察(ツアー) ツアー参加お知らせ
被災地への記念品作りの協力
年数回 とうほくてしごとカタログFucco(ふっこう) パンフレット配布 購入よびかけ

 

 

 

 

 
福島復興支援視察・交流ツアー(2017年夏) 福島の子ども保養プロジェクトinとやま2017(朝日町)

<<お申込み方法>>
CO・OPとやま被災地応援隊募集参加申込書.pdf
共同購入配達時に申込書を担当者にご提出ください。FAX、Eメールでも受け付けします。
FAXの場合  :申込書に内容を記入の上、以下の番号までお送りください。
Eメールの場合:表題に「CO・OPとやま被災地応援隊申込み」、本文に記載事項
(お名前、お電話番号、組合員コード)してお送りください。
*事務局より折り返し確認の連絡を差し上げます。

<<申込み・お問い合わせ先>>
総合企画グループ
TEL(076)425-7174  FAX(076)425-5667
Eメール cooptoyama-webj@coop-toyama.coop

糸魚川市駅北大火被害義援金を贈呈しました

2017年4月13日

2017年4月3日(月)13時より 糸魚川市役所にて

 

2016年12月22日(木曜日)に発生した「糸魚川市駅北大火」は、南からの強風により被害が拡大し、被害家屋147棟(うち全焼120棟)を数える大規模火災となりました。

被害に遭われたみなさまには、心よりお見舞い申し上げます。

CO・OPとやまでは、被災された方々が1日も早く復旧されることを願い、翌年1月より義援金募金に取り組んだところ、1,053,300円の善意が寄せられました。

 

4月3日にCO・OPとやま 稲垣理事長、富山県生協 松浦理事長、新潟県生協連合会 長谷川会長理事が糸魚川市を訪問し、織田糸魚川副市長に義援金の目録を贈呈しました。

織田糸魚川副市長からは、感謝の気持ちが述べられ、義援金は被災された方々に配分するとの挨拶がありました。

稲垣理事長より目録を贈呈

左より 長谷川会長理事(新潟県生協連)、稲垣理事長(CO・OPとやま)、織田糸魚川副市長、松浦理事長(富山県生協)

 

糸魚川市駅北大火被害義援金募金にご協力をお願いします

2017年2月2日

募金受付期間:2月3回の注文書(2月6日(月)~2月10日(金)提出分)

 

平成28年12月22日(木曜日)に発生した「糸魚川市駅北大火」は、被害家屋144棟(うち全焼120棟)を数える大規模火災となりました。(※12月25日現在)

被害に遭われた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

被災された方々が1日も早く復旧されることを願い、義援金募金に取り組みます。お寄せ頂きました募金は糸魚川市を通じて被災された方々の生活再建や被災地の復旧に役立てさせていただきます。

 

注文書の右上の募金申込欄にご記入ください

OCR申込欄

 

eフレンズ(インターネット注文)は注文No.730で、1口100円から受付けます。

 

ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます

 

 

 

東日本大震災被災地支援活動募金にご協力をお願いします

2016年9月16日

被災地での復興の歩みはまだまだ遅れており、福島では多くの避難者が故郷に帰ることができない状態が今も続いています。避難していない方々も、様々な精神的苦痛・経済的困難と向きあいながらの生活が続いています。

引き続き震災を風化させず、協同の力で被災地・被災者を支え、復興支援を継続していきましょう。みなさんからお寄せいただいた募金は「“福島”の今を知る報告・学習会」や福島復興支援 視察・交流ツアー、被災地生協が仮設住宅などの集会場で取り組んでいる「ふれあいサロン」などの活動支援、福島の子ども保養プロジェクト「親子リフレッシュ企画」等の活動支援に活用させていただきます。

 

募金のお申込方法

9月4回の共同購入注文書(OCR)またはeフレンズ(インターネット注文)

eフレンズでの募金は、注文№730で1口100円からお申し込み下さい。

 

※商品案内「わくわくこ~ぷ」別冊「復興応援市」で復興応援商品を企画しています。商品の利用を通じた支援もご協力をお願いします。

 

 

 

熊本県で発生した地震で被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申しあげます

2016年4月19日

このたびの熊本県で発生した地震で犠牲になられた方々に哀悼の意を捧げますとともに、被災され不安な日々を過ごされている方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。また、被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

被災の状況に対し、今後CO・OPとやまとして、できうる限りの支援活動を進めてまいりたいと思います。組合員の皆さまにはご協力をよろしくお願い致します。

 

生活協同組合CO・OPとやま

理事長 稲垣 よし子

 

 2016年熊本地震支援緊急募金チラシ.pdf

「東日本大震災被災地支援活動募金」にご協力をお願いします。

2016年3月1日

今年3月で東日本大震災と東京電力福島原子力発電所の事故から5年が経ちました。

組合員のみなさんからこれまでに多くのあたたかい励ましや支援をたくさんいただいています。

 

これからも震災を風化させず、協同の力で被災地・被災者を支え、

復興支援を継続していきましょう。

 

みなさんからお寄せいただいた募金は3月5日「“福島”の今を知る報告・学習会」、

3月25,26日「福島復興支援 視察・交流ツアー」、

被災地生協が仮設住宅などの集会場で取り組んでいる「ふれあいサロン」などの活動支援、

福島の子ども保養プロジェクト「親子リフレッシュ企画」等の活動支援に活用させていただきます。

【募金のお申込方法】

3月3回、3月4回の共同購入注文書(OCR)またはeフレンズ(インターネット注文)

eフレンズでの募金は、注文№730で1口100円からお申し込み下さい。

 ※3月3回「復興応援市」で復興応援商品を企画しています。

商品の利用を通じた支援もご協力をお願いします。

震災から5年・・・今の想いを伝えよう

2016年2月26日

東日本大震災5年目のメッセージ

2016年3月11日で東日本大震災から5年となります。

被災地では、復興が進んだ部分もありますが、被災地でのくらしや地域の復興は十分とは言えません。

生協では、2016年度も引き続き震災復興支援の活動を継続していきます。

5年目の3月11日を迎えるにあたり、改めて全国の生協から、「東日本大震災を忘れない」「これからも被災地のくらしを応援する」の気持ちを表すとりくみとして、このサイトを立ち上げました。

東日本大震災復興支援活動を通じて知り合った方々や、東北地方の生協や生産者の皆さんにメッセージを送りましょう。

 

 

メッセージを送るためには、ログイン画面で合言葉を入力する必要があります。

合言葉は、CO・OPとやま組合員活動推進チームにお電話いただくか、

3月7日から発行の機関紙「虹の輪」4ページをご覧ください。

生活協同組合CO・OPとやま 組合員活動推進チーム

 076-425-7174(月-金 9:00-17:30)

東日本大震災5年目のメッセージ_サイトご案内_.pdf