“福島”の今を知る報告・学習会を開催

2021年3月2日

2021年2月27日(土) ボルファートとやまにて

主催:生活協同組合CO・OPとやま、富山県生活協同組合

後援:富山県生活協同組合連合会

参加者:78人<内CO・OPとやま39人(リモート参加を含む)

 福島を忘れない・風化させない取り組みとして富山県生協と連携し、今回の学習会で6回目の開催となりました。

 相馬双葉漁業協同組合 参事 渡部 祐次郎氏より「福島県漁業復興への取組、その現状と今後の展望」と題し、リモートで福島県より講演していただきました。


  震災後の平成24年6月から試験操業をスタートし、水揚げ後のスクリーニング検査で安全性を確認した上で出荷・流通させる取り組みについて説明されました。この9年間で試験操業の漁獲量や対象魚種が増加してきたとはいえ、漁獲量は震災前の13.5%、金額は19.7%程度と低く、風評被害もまだ払拭されない状況が続いているとのことでした。

 そのような状況の中でも、消費者との交流を大切にし、福島の魚の美味しさ・漁業の現状を伝える取り組みや、新たな加工商品作り、メディアでの情報発信などを積極的に行いながら福島の漁業の再生を目指していると語られました。

 その他、「福島復興支援視察・交流ツアー」などこれまで継続して行ってきた復興支援の取り組みについて富山県生協、CO・OPとやま、富山県生協連合会から報告があり、参加者は支援活動を振り返るとともに、今後も「福島を忘れず、寄り添い続ける」という思いを新たにしました。

 

 

 

 

 

【参加者アンケートより】

・渡部氏の熱いお話に、福島の漁業が直面する困難や今後の課題がよくわかりました。

・漁業の実状について改めて詳しく知ることができました。何度でも広く組合員に広めていくことが必要だと思います。

・復興支援を積み重ねてきた歴史の重みを感じます。風化させることなく、想いをつないでいきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です