福島復興支援視察交流ツアーを開催しました

2017年8月31日

2017年8月25日(金)~8月26日(土)

生活協同組合CO・OPとやま・富山県生活協同組合 合同企画

CO・OPとやま参加者 16人 (全体の参加者は38人)

東日本大震災から6年が経過した被災地福島の支援を目的として、富山県生協との合同企画で、視察・交流ツアーを行いました。

初日は被災地の視察と、仮設住宅で生活している被災者の方との交流を行いました。視察には、コープふくしまの理事の方が「震災の語り部」として同行され、福島第二原発に近い富岡町から帰還困難区域となっている福島第一原発のある大熊町と双葉町、そして浪江町をバスで通り、車窓から東日本大震災の爪痕を目の当たりにしました。

 

 

 

 

 

↑ 富岡駅の様子

 

 

 

 

 

↑ 新しく建設された復興住宅。人影もありません。

ニュースなどで、復興住宅の建設や、鉄道の復旧を報道しています。しかし、実際に被災地に行ってみると、確かに整備は進んでいるのですが、住人の姿は見受けられず、鉄道を利用する人もいない状態でした。被災者の方が安心して生活できる状態が「復興」だとすると、今はまだ「整備」の段階だと感じました。

 

 

 

 

 

被災者の方との交流会では、仮設住宅暮らしの苦労や、肉親を失った悲しさなど、とても貴重なお話をしていただき、参加者のみなさんは真剣に聞き入っていました。

二日目は桃狩りと、コープふくしまの店舗などでお買い物をし、購入することで福島を支援してきました。

 

 

 

 

 

 

東日本大震災は東北各県に大きな被害を与え、尊い命を奪いました。その中でも福島県は大震災、津波だけでなく、原発事故、そしてそれによる風評被害に苦しんでいます。これからも長い歳月をかけて、福島県を支援し、見守っていくことの大切さを実感しました。

 

 

 

 

 

 

↑今回のツアーに参加された皆さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です