“福島”の今を知る報告・学習会で被災地の想いと現状を学ぶ

2019年3月4日

2019年3月2日(土) 富山県民会館にて

主催:生活協同組合CO・OPとやま、富山県生活協同組合

後援:富山県生活協同組合連合会

参加者:99人(内CO・OPとやま56人)

福島を忘れない・風化させない取り組みとして富山県生協と連携し、今年で5回目となる「”福島”の今を知る報告・学習会」を開催しました。

福島県の飯舘村松川第2仮設管理人の佐藤美喜子さんは、福島県の語り部として「被災地からの想いと現状」と題し、震災当時の様子から現在の飯館村の様子、これまでの8年間の様々な想いについて、時折涙ぐみながらお話されました。

 

 

 

 

 

 

佐藤さんは、「地震発生から1ヶ月以上たってから全村避難指示が出て、この時から地域、家族、コミュニティがバラバラになってしまいました。自らの家も、飼っていた牛を処分して避難せざるをえなくなりました。原発事故は人間ばかりではなく、動植物の命をも奪ってしまったのです。」

「目に見える復興はもちろん大事です。しかし、人と人とのつながり、コミュニティのつながりという“心”の復興が一番大事だと思います。」「どうか“福島”から様々なことを学んでください。そしてどうか一人一人が声をあげてください。」と私たちに強く訴えかけられました。

また、生活協同組合コープふくしま 常務理事の宍戸義広さんが、「甲状腺検査について」と題し、福島県で震災後に行われている甲状腺検査の状況と、コープふくしまでの甲状腺検査についての学習の取り組みなどを講演されました。放射能に対する漠然とした不安を取り除くためにも学習を続けることが必要であり、ただ怖がるだけでなく、正しい知識をもち、正しく判断することが大事だと話されました。

 

 

 

 

 

その他、昨年8月の「福島の子ども保養プロジェクト」や11月の「福島の復興支援視察・交流ツアー」の報告も行われ、視察で目にしてきたこと、交流の中で感じたことなどを伝えていただきました。

 

 

 

 

↑「福島の子ども保養プロジェクト」報告  ↑「福島の復興支援視察・交流ツアー報告」

これまでの復興支援活動のパネル展示も行われ、参加者が熱心に見入る様子や、福島の特産品販売では、“買って支える”という気持ちで特産品をたくさん購入される姿も見られました。

 

 

 

 

 

<参加者の感想>

  • 目に見える復興だけでは不十分で、心の復興はまだなのだ という言葉がとても重く感じました。富山からどんな支援ができるのか、今やっていることも見直してもよいのではと思いました。
  • 佐藤さんのお話の中で「復興とは、当たり前の生活が出来る様になることが真の復興だ」という言葉が印象に残りました。まだまだ復興とは言えないのですね。
  • 被災地を実際に見たり、福島の方と直接交流したりすることで、知識としてではなく、心で感じたことを各々の言葉で語っていただき、体験の大切さを感じました。これかもずっと続けていくべきだと思いました。

 

福島復興支援視察交流ツアーを開催しました

2018年11月28日

2018年11月23日(金)~11月24日(土)

生活協同組合CO・OPとやま・富山県生活協同組合 合同企画

CO・OPとやま参加者 21人 (全体の参加者は43人)

東日本大震災から7年が経過した被災地福島を訪れ、視察・交流を通じて被災地の現状を理解し、今後の支援について考えるきっかけとするため、富山県生協との合同企画で、視察・交流ツアーを行いました。

初日は、コープふくしまから宍戸常務理事、日野理事に同行していただき、福島第二原発近くの富岡町から福島第一原発のある大熊町と双葉町、そして浪江町を車窓から視察しました。富岡町では参加者がバスから降りて、海岸沿いに福島第二原発を見ながら、「私たちが今立っているすぐ下の辺りまで、当時は津波が押し寄せ、この辺り一帯が津波に飲み込まれて何もかもがなくなった」というお話を聴きました。

 

 

 

 

浪江駅は昨年4月に再開されたそうですが、駅前は車すらほとんど通らず、人の気配もなく閑散としていました。浪江町は一部帰還困難区域が解除されているとはいえ、帰って来ている人が5%ほどしかいないという現状を目の当たりにしました。

 

 

 

 

 

↑浪江駅周辺の様子

数年前までは除染された廃棄物が入ったフレコンバックが家の庭や田んぼなどいたるところに積み上げられていました。しかし、今回バスの車窓から見える風景は、そういったフレコンバックが片づけられているところが多くなっていましたが、なくなったのではなく、中間貯蔵施設等へ移動しただけ…7年が経過し、見た目は復興が進んでいるように見えますが、問題がなくなったわけではなく、本当の意味での復興にはまだ時間がかかると感じました。

二日目は、JAふくしま未来の加藤さんからは、震災後のJAの取り組みや農産物の現状について、「浪江まち物語つたえ隊」の松田さんからは紙芝居で震災当日の町の消防団の方の様子をお話していただきました。

JAふくしま未来の加藤さんから、水田、畑などの土、果樹の樹皮まで剥いで除染し、農産物は全品目放射性物質検査をして、安全な農産物を出荷しているのに、いまだに風評被害があり、価格が低いままだという話をお聴きしました。

 

 

 

 

松田さんからは、紙芝居で震災当日の町の消防団の方のお話をされ、原発事故のために津波にのまれた町の人々の捜索に向かうことができなかったことを今でも無念に思う気持ちが消えることがない、そして、現在でも放射能という見えない恐怖、わからない不安が人々の心を傷つけ続けているということを私たちに伝えてくださいました。

東日本大震災の被害は7年経った今でも終わっていないということがわかりました。原発事故の影響で故郷に帰りたくても帰ることができない人々や風評被害に苦しんでいる人々がいます。私たちは、福島のことを決して忘れることなく、遠く離れた富山からでも“できること”を続け、支援していくことが大切だと感じました。

 

 

 

 

←ツアー参加の皆さん

 

福島の子ども保養プロジェクトinとやま2018が開催されました!

2018年9月3日

8月24日(金)~8月26日(日) 朝日町にて

企画:富山県生活協同組合連合会

共催:朝日町観光協会、福島の子ども保養プロジェクト

後援:富山県、朝日町

朝日町にて富山県生活協同組合連合会企画の「福島の子ども保養プロジェクトinとやま2018」が開催され、福島の8家族22名のみなさんが参加し、とやまの夏と自然を満喫しました!

福島のご家族が到着後、はじまりの式で、福島のご家族とスタッフの自己紹介からスタートしました。

今回は残念ながら海水浴はできませんでしたが、ヒスイ海岸でのヒスイ探しでは、子どもたちが大はしゃぎ! ヒスイ探しがいつの間にか水遊びに… 🙂 波打ち際で波をかぶって、ずぶ濡れになりながら大学生のお兄さんやお姉さんと水をかけ合って遊びました。

 

 

 

 

 

翌日の朝は、宮崎漁港で魚釣り。どのご家族もたくさん魚を釣り上げて、この行事始まって以来の大漁でした!小アジが沢山釣れ、1回で5匹の小アジを釣り上げた方もいらっしゃいましたよ!

「以前から海で釣りをするのが大好きだったけど、震災が起きてからは一度も海で釣りはしていなかった。今日は久し振りに海で釣りができて、とてもうれしい。」と、とても喜んで話してくださるお母さんも。

 

 

 

←「見て見て!こんなに大きいの釣れたよ!」

 

その日の昼食は、子ども達がさばいたタラを使ったタラ汁と釣り上げた小アジのから揚げで、とても豪華なランチになりました。

また、家族対抗で朝日町発祥のスポーツ、ビーチボールも楽しみました。スタッフも参加して白熱したゲームが繰り広げられ、子どもも大人もからだを思いっきり動かして、ボールを追いかけていました♪

最終日は、山と川に囲まれた大自然の中の「夢創塾」で、木々の間に渡したワイヤーを滑車で滑り渡る爽快なジップラインや、木の枝から吊るしたブランコ、シーソー、弓矢遊び、塩作り体験など、子どもたちは大きな歓声を上げて楽しみました。

 

 

 

←大きいブランコ楽し~い♪もっと押して~!!

 

短い日程でしたが、富山の自然の中で様々な体験をみなさんとスタッフも共に楽しむことができました。3日間ですっかり仲良くなった参加者との記念撮影では、とびっきりの笑顔で!!

“福島”の今を知る報告・学習会 を開催しました

2018年3月8日

2018年3月3日(土) ボルファートとやまにて

主催:生活協同組合CO・OPとやま、富山県生活協同組合

後援:富山県生活協同組合連合会、北日本新聞社

 

参加者:105人

 

 

 

 

 

今年で4回目となる「“福島”の今を知る 報告・学習会」を開催し、福島で暮らしている方の素直な思いに触れ、福島の現状と課題について学習しました。

福島県の語り部「浪江まち物語つたえ隊」松田 早百合さんは、原発事故後の避難生活などを『見えない雲の下で』と題した紙芝居で語られます。

紙芝居で「震災後、何がなんだかわからないにうちに避難させられ、落ち着いたところでまた避難。避難所は寒く、食べるものは冷たいおにぎりでした。」と当時の忘れられない生活や、7年経過した今も、普通に家族が一緒に暮らせない現実があることを私たちに伝えてくださいました。

 

 

 

 

←松田早百合さんの紙芝居

続いて基礎経済科学研究所 副理事長 後藤 宣代さんが『「3・11フクシマ」が問いかけるもの -人類史のなかで考える-』と題して講演されました。

「県外へまだ避難されている方が3,402人、震災後の震災関連死が2,202人。そのうち66歳以上の方が9割を占めている。仕事や収入、家族との考え方の違いによる不和、住まいの確保等々複数の問題が絡み合っている。

今でも天気予報と放射線量が一緒に報道されている現状の中、子どもの甲状腺がんへの不安等がありながら復興の妨げになるからと放射能の不安や恐怖について声をあげにくくなっている。支援されるべき存在から社会から疎まれる存在へ孤立させられようとしている。」と現状を詳しく語られました。

 

 

 

 

←後藤宣代さんの講演

昨年8月に富山県生協、CO・OPとやまの合同で行った「福島の復興支援視察・交流ツアー」、同じく8月に朝日町で開催した「福島の子ども保養プロジェクト」参加者からの報告や、福島の特産品(あんぽ柿やお酒、お米、お菓子等)の販売、後藤さんによる復興応援ソング「花は咲く」などのフルート演奏も行われました。

参加者からは、「福島原発の事故から学んだことを忘れず、風化させずにきちんと次の世代に伝えていくこと。福島の震災を絶対忘れることなく、自ら学ぶ姿勢を続けていくことが大切であると強く感じた。」と感想が寄せられました。

 

CO・OPとやま被災地応援隊 募集のお知らせ

2017年11月6日

東日本大震災から6年半が経過しました。
これまでCO・OPとやまでは、被災地を支援するため、組合員のみなさんより暖かい
ご支援をいただきながら様々な取り組みをすすめてまいりました。
これからも支援を続けてまいりますのでよろしくお願いします。
この間、被災地視察・交流や学習会など多くの組合員の方々に参加していただきましたが、
こうした企画以外に日常的に被災地を支援していくための活動参加のしくみとして
「CO・OPとやま被災地応援隊」を立ち上げます。参加登録をしていただいた方には、
下記のような情報を必要に応じてお届けします。
(基本的には共同購入配送時お届けします)
お知らせした情報の中から、参加いただけるものにご協力いただきたいと思います。

<具体的な活動内容イメージ(年度によって変わってきます)>

時期 イベント名など 活動内容
11月・7月 福島果物応援隊チラシの配布 りんご・桃などの贈答用チラシで、部数に限りがあり全員配布はできないもの。
3月 福島の今を知る学習会 当日参加やスタッフ協力
7~8月 福島子ども保養プロジェクト 参加者へのプレゼント作りの協力
当日ボランティアスタッフ協力
時期未定
(年1回)
被災地視察(ツアー) ツアー参加お知らせ
被災地への記念品作りの協力
年数回 とうほくてしごとカタログFucco(ふっこう) パンフレット配布 購入よびかけ

 

 

 

 

 
福島復興支援視察・交流ツアー(2017年夏) 福島の子ども保養プロジェクトinとやま2017(朝日町)

<<お申込み方法>>
CO・OPとやま被災地応援隊募集参加申込書.pdf
共同購入配達時に申込書を担当者にご提出ください。FAX、Eメールでも受け付けします。
FAXの場合  :申込書に内容を記入の上、以下の番号までお送りください。
Eメールの場合:表題に「CO・OPとやま被災地応援隊申込み」、本文に記載事項
(お名前、お電話番号、組合員コード)してお送りください。
*事務局より折り返し確認の連絡を差し上げます。

<<申込み・お問い合わせ先>>
総合企画グループ
TEL(076)425-7174  FAX(076)425-5667
Eメール cooptoyama-webj@coop-toyama.coop

福島復興支援視察交流ツアーを開催しました

2017年8月31日

2017年8月25日(金)~8月26日(土)

生活協同組合CO・OPとやま・富山県生活協同組合 合同企画

CO・OPとやま参加者 16人 (全体の参加者は38人)

東日本大震災から6年が経過した被災地福島の支援を目的として、富山県生協との合同企画で、視察・交流ツアーを行いました。

初日は被災地の視察と、仮設住宅で生活している被災者の方との交流を行いました。視察には、コープふくしまの理事の方が「震災の語り部」として同行され、福島第二原発に近い富岡町から帰還困難区域となっている福島第一原発のある大熊町と双葉町、そして浪江町をバスで通り、車窓から東日本大震災の爪痕を目の当たりにしました。

 

 

 

 

 

↑ 富岡駅の様子

 

 

 

 

 

↑ 新しく建設された復興住宅。人影もありません。

ニュースなどで、復興住宅の建設や、鉄道の復旧を報道しています。しかし、実際に被災地に行ってみると、確かに整備は進んでいるのですが、住人の姿は見受けられず、鉄道を利用する人もいない状態でした。被災者の方が安心して生活できる状態が「復興」だとすると、今はまだ「整備」の段階だと感じました。

 

 

 

 

 

被災者の方との交流会では、仮設住宅暮らしの苦労や、肉親を失った悲しさなど、とても貴重なお話をしていただき、参加者のみなさんは真剣に聞き入っていました。

二日目は桃狩りと、コープふくしまの店舗などでお買い物をし、購入することで福島を支援してきました。

 

 

 

 

 

 

東日本大震災は東北各県に大きな被害を与え、尊い命を奪いました。その中でも福島県は大震災、津波だけでなく、原発事故、そしてそれによる風評被害に苦しんでいます。これからも長い歳月をかけて、福島県を支援し、見守っていくことの大切さを実感しました。

 

 

 

 

 

 

↑今回のツアーに参加された皆さん

福島の子ども保養プロジェクトinとやま 2017 が開催されました!

2017年8月7日

8月4日(金)~8月6日(日) 朝日町にて

企画:富山県生活協同組合連合会

共催:あさひふるさと体験推進協議会、福島の子ども保養プロジェクト

後援:富山県、朝日町

親子リフレッシュ企画として「福島の子ども保養プロジェクトinとやま 2017夏」が開催され、福島から8家族23名のみなさんが参加し、富山の夏と自然を満喫しながら楽しく交流しました。

福島のご家族が到着後、はじまりの式で、福島のご家族とスタッフが自己紹介するところから行事がスタートしました。

 

 

 

 

 

この日は、朝日町が発祥のビーチボールをし、大人も子どもも汗をかきながら一緒に皆さんで楽しみました。

翌日の宮崎漁港で行なった魚釣りでは、どのご家族もたくさん魚を釣り上げて大漁でした。一番多く釣った福島の女の子は、17匹も釣り上げていました!

 

 

 

 

 

ヒスイ海岸での海水浴では、子どもたちが大はしゃぎ!震災後初めての海水浴だという子もいたようです。海水浴後にはヒスイ探しやスイカ割りもし、親子の楽しそうな笑い声が海辺に響いていました。

 

 

 

 

 

最終日は、山と川に囲まれた、自然体験学校「夢創塾」で木々の間に渡したワイヤーを滑車で滑り渡る爽快なジップラインを子どもたちは大きな歓声を上げて楽しみました。

 

 

 

←ジップラインのスピード感を楽しむ子どもたちの様子

 

3日間という短い日程でしたが、天候にも恵まれて自然の中で様々な体験を楽しんでいただけたようです。スタッフともすっかり打ち解けて、帰りは少し名残惜しくみなさん帰路につかれました。

 

 

 

スタッフと一緒に記念写真。

 

糸魚川市駅北大火被害義援金を贈呈しました

2017年4月13日

2017年4月3日(月)13時より 糸魚川市役所にて

 

2016年12月22日(木曜日)に発生した「糸魚川市駅北大火」は、南からの強風により被害が拡大し、被害家屋147棟(うち全焼120棟)を数える大規模火災となりました。

被害に遭われたみなさまには、心よりお見舞い申し上げます。

CO・OPとやまでは、被災された方々が1日も早く復旧されることを願い、翌年1月より義援金募金に取り組んだところ、1,053,300円の善意が寄せられました。

 

4月3日にCO・OPとやま 稲垣理事長、富山県生協 松浦理事長、新潟県生協連合会 長谷川会長理事が糸魚川市を訪問し、織田糸魚川副市長に義援金の目録を贈呈しました。

織田糸魚川副市長からは、感謝の気持ちが述べられ、義援金は被災された方々に配分するとの挨拶がありました。

稲垣理事長より目録を贈呈

左より 長谷川会長理事(新潟県生協連)、稲垣理事長(CO・OPとやま)、織田糸魚川副市長、松浦理事長(富山県生協)

 

糸魚川市駅北大火被害義援金募金にご協力をお願いします

2017年2月2日

募金受付期間:2月3回の注文書(2月6日(月)~2月10日(金)提出分)

 

平成28年12月22日(木曜日)に発生した「糸魚川市駅北大火」は、被害家屋144棟(うち全焼120棟)を数える大規模火災となりました。(※12月25日現在)

被害に遭われた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

被災された方々が1日も早く復旧されることを願い、義援金募金に取り組みます。お寄せ頂きました募金は糸魚川市を通じて被災された方々の生活再建や被災地の復旧に役立てさせていただきます。

 

注文書の右上の募金申込欄にご記入ください

OCR申込欄

 

eフレンズ(インターネット注文)は注文No.730で、1口100円から受付けます。

 

ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます

 

 

 

“福島”の今を知る 報告・学習会 開催のお知らせ

2017年1月30日

■□■ ホームページからのお申し込みは、終了いたしました ■□■

□■□        ありがとうございました       □■□

 

参加のお申し込みは、こちらからどうぞ→ “福島”の今を知る 報告・学習会申込フォーム

↓クリックすると大きく表示されます。“福島”の今を知る 報告・学習会