2019年9月

<新川第1・2支部 平和のつどい>松代大本営を見学しました

2019年9月9日

2019年8月30日(金)  参加者 大人22人  子ども2人

松代大本営跡(まつしろだいほんえいあと)は、太平洋戦争末期、本土決戦に備えて日本の政府中枢機能移転のために長野県埴科郡松代町(現長野市松代地区)などの山中(象山、舞鶴山、皆神山の3箇所)に掘られた地下坑道跡です。このうち一般公開されている象山地下壕(ぞうざんちかごう)を見学しました。

松代大本営跡の保存をすすめる会の方にガイドをしていただきました。当時、劣悪な環境の中、この地下壕の工事が進められていたことなど詳しい説明を聞きながら、見学しました。

 

 

 

 

見学を通して、「戦争」の愚かさを知り、「平和」の大切さを改めて考えるきっかけになりました。

【参加者の感想】(抜粋)

  • 詳しい説明を聞きながら見学させていただき、とても勉強になりました。「平和」について考えるよい機会になりました。ありがとうございました。
  • 今回参加して、どうして、何のために、どのようにこの地下壕が造られたのかが説明でよくわかり、大変勉強になりました。
  • 松代大本営跡を見学できてよかったです。戦争という暴力が、人々をどのように変え、暴力の連鎖がとめどなく続くことになるか、反省に反省して歴史を見ていくことが大切だということをみんなで確認したいと思います。

<富山北第1・2支部 平和のつどい>長岡戦災資料館を見学しました

2019年9月9日

2019年8月28日(水)  参加者 大人22人  子ども5人

平和のつどいとして、長岡空襲の惨禍を記録・保存し、伝えていくために平成15年7月に開設された長岡戦災資料館を見学しました。

すさまじい長岡空襲の記録映像や、殉難者の写真展示、空襲で焼け残った遺品など、説明を聞きながら見ることができました。

 

 

 

 

 

館長さんから、富山と長岡の空襲の違いや類似点などについてお話を聞くこともできました。

【参加者の感想】(抜粋)

  • 3階で見た映像は、長岡空襲の詳細がよくわかり、壁面に張られた殉難者の方々の写真に圧倒されました。手書きの住宅焼失図にも感動しました。
  • 殉難者遺影が展示してあり、罪のない方々がなぜ命を奪われなければならなかったのか、と思うと悲しみと同時に怒りさえ覚えました。
  • 娘(小5)と参加しました。戦後生まれの私と娘は、学校やテレビで第二次世界大戦のことは何となく知っていましたが、実物の爆弾や、長岡空襲で亡くなった方の写真を見て、とてもショックを受けました。娘は小さな子が亡くなったり、家族がバラバラになったりしたことに衝撃を受けていました。平和な世の中が続くようにこのような催しは大事だと思います。