2016年11月

フルーツトマト「フォレストフルティカ」の生産現場へ行ってきました!

2016年11月11日

img_0144

2016年10月31日(月) 株式会社スマートフォレスト

生ごみリサイクル研究会主催 参加者8人

 

わくわくこ~ぷでもおなじみのミディトマト「フォレストフルティカ」を栽培されている、株式会社スマートフォレストを見学してきました。広大な敷地に100メートルを超える長さの18棟のビニールハウスが並び、その中には約1,900本のトマトが植えられています。ここでは、水・土・肥料・農薬を最小限にし、トマトの実に美味しさが凝縮される農法を実践されていました。そうすることでリコピンやグルタミン酸が通常の2倍、糖度も上がるとのこと。トマト嫌いの方にも食べやすいと好評です。出荷時には全てのトマトの糖度チェックも行われ、甘さ・酸味のバランスのとれた美味しいものだけが販売されています。

img_0134

ハウス内は廃棄物処理で出てくる熱を利用し、温度管理も全て自動化。一年中トマトが栽培・出荷されているのですが、「最後は、人の目でしっかり確認して良いものだけを出します」との説明に一同納得・安心して帰ってきました。

 

 

予告 環境学習会「地球温暖化と私たちのくらし」に参加しませんか?

2016年11月3日

<日 時> 11月14日(月)10:30~11:30

<場 所> CO・OPとやま本部組合員ホール(富山市堀川町206-5)

<参加費> 無料

<内 容> 地球温暖化の現状と、私たちのくらしとの関わりや、暮らしの中で実践できることは何かを学習します。

 

今の生活を続けていて、果たして地球は大丈夫なのでしょうか?

未来のために今できることを、ご一緒に学習し実践しましょう!

※事前のお申し込みは不要です。

%e5%9c%b0%e7%90%83%e6%b8%a9%e6%9a%96%e5%8c%96%e3%80%80

<主催> CO・OPとやま生ごみリサイクル研究会

 

【問合せ】CO・OPとやま組合員活動推進チーム

(月~金9:00~17:30) Tel 076-425-7174

 

 

クールチョイスを実践していきましょう

2016年11月2日

CO・OPとやまは賛同団体に登録しました

%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%b3%e4%bb%98%e3%81%8d-%e9%9d%92

「COOL CHOICE(クールチョイス)」とは、2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという国の目標達成に向け、気候変動対策及び温室効果ガス削減をテーマにした2030年まで継続する新国民運動です。

 

環境省を中心に民間団体、企業、地方自治体との連携・協力がすすめられています。

ここ100年で日本の平均気温は約1℃上がりました。温暖化の大きな原因はCO2の排出です。環境に配慮していないモノ・コトを選ぶことで、家庭からのCO2排出量が増えてしまいました。これ以上温度が上がると、地球はもう回復できない傷を負う可能性があります。そんな地球の未来のために、賢い選択が必要とされています。具体例として以下の内容を紹介しますので、私たちができることを実践していきましょう。

  • 季節に合ったインナーを選ぶ
  • エコドライブの実践、ふんわりアクセルを踏めば、温暖化にブレーキ 公共交通の利用等
  • 残さず食べることによる食品ロスの削減
  • 時短料理はCO2が少ない料理
  • 県内や地域の食材なら輸送のCO2も少ない  など

 

詳しくは、環境省のホームページへ