第27回海岸クリーン作戦が開催されました!

2021年6月21日

2021年6月20日(日)  富山市八重津浜海水浴場、六渡寺海岸

富山県生活協同組合連合会が主催し、両会場合わせて373人(CO・OPとやま173人)が参加しました。

海岸クリーン作戦は、海岸のごみ拾いを通じて暮らしの中から出されるごみと海辺の環境を考える機会として取り組んでいます。今年は、射水市の六渡寺海岸も会場とし、地域の方と一緒に海岸清掃を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※上2枚が八重津浜海水浴場、下2枚が六渡寺海岸の様子

環境問題や、海洋プラスチック問題への関心の高まりもあり、今年は家族連れで参加される組合員の方が多くみられ、子どもたちも頑張ってごみ拾いをしていました。

今回は、環日本海環境協力センター(NPEC)の指導のもと、CO・OPとやまと富山県生協の組合員がマイクロプラスチック調査を行いました。

海辺から2~4mの所で、20cm×20cmの枠内で深さ2.5cmの砂を取ります。そして、5mmのふるいにかけ、落ちたゴミをさらに2mmのふるいにかけて、ゴミの中からマイクロプラスチックを分類して取り出します。

 

 

 

 

 

※調査作業の様子。根気と集中力が必要とされる細かい作業です。トレイの右上が選別されたマイクロプラスチック。

 

 

 

 

 

↑ 取り出されたマイクロプラスチック

参加者からは、「子どもと海岸のごみを拾うことで、環境に興味を持たせる機会になりました。」「マイクロプラスチックごみは、小さく砕けているものが多く、これが海に流れ出すのだと実感しました。」「マイクロプラスチックがこんなにたくさんあるとは知りませんでした。種類も初めて知りました。」などの感想が寄せられました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です