「2017ピースアクションinヒロシマ」に参加しました。

2017年8月16日

2017年 8月4日(金)~8月6日(日) 広島県

毎年8月に広島へ代表を派遣し、戦争や被ばくの恐ろしさについて学ぶ機会として、ピースアクションinヒロシマに参加しています。今年は全国から1,200名の組合員、役職員が集い、CO・OPとやまからも2家族6人が参加しました。

原爆資料館の見学、平和記念公園内の碑めぐり、平和アニメ・被爆者の証言、生協組合員が集う「虹のひろば」、平和記念式典等を通じて、平和を考える貴重な機会となりました。

 

 

 

 

 

また、組合員から寄せられた多くの折り鶴を平和への想いをこめて「原爆の子の像」へ奉納しました。

 

 

 

 

組合員・役職員の平和への想いが込められた折鶴を奉納

 

【参加者の感想】(抜粋)

  • 被爆者の証言を聴いたり、見たりして本当に原爆は怖いし、被爆は悲惨なことだと思いました。今回子どもと一緒に参加できたことは一生の宝となります。戦争が起きないように、みんなに伝えていきたいと思います。
  • 被爆された方の言葉一つ一つが私の心に突き刺さりました。どうすれば二度と原子爆弾が落ちない世の中にできるのか真剣に考えていきたい。
  • 今も核兵器が世界で15,400発もあることにとてもびっくりしました。1発でも広島に落とされた原爆より威力があるのに、本当に恐ろしいです。
  • 広島に行って戦争のこわさを学びました。これからもずっと平和を守っていくことが大事だと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です