廃油でできる手作り石けんづくりを開催しました

2017年6月5日

2017年5月16日(火) CO・OPとやま本部にて CO・OPとやま婦中センター主催

家庭から出る廃油を持ち寄って、石けんづくりを行いました。

材料は、廃油・苛性ソーダ・水のみです。

苛性ソーダはかくはん作業時に揮発するため、屋内では危険です。今回は駐車場の屋根のある場所で、参加者全員が交代しながらかき混ぜます。

根気強くかき混ぜること45分、ようやくピーナツクリームのような色と硬さになり、準備しておいた牛乳パックに入れます。

そのまま半年間、風通しの良い日陰において熟成させればできあがりです。

洗浄力の強いせっけんになるので、作業着や運動靴を洗うのにも良いとのこと。

 

 

また、CO・OPとやまみなみ店と城川原店では、家庭からの廃油を回収してバイオディーゼル燃料や洗剤にする取り組みも実施中です。こちらのほうも、ぜひ廃油回収のご協力をお願いします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です