四方・倉垣地域委員会のみなさん

 

四方・倉垣地域委員会の紹介や活動報告を行います。

子育て中の若いママさんも増えて楽しくおしゃべりしながら月1回活動しています。

 

地域委員会 活動紹介

福田農園へ見学に行ってきました!

2019年11月07日

2019年10月17日(木) 四方・倉垣地域委員会 参加者 大人10人

すいか「味きらら」と「加賀れんこん」の生産農家の福田農園へ見学に行ってきました!福田農園さんは、昨年12月より新しくCO・OPとやまの産直産地になりました。

れんこん畑と収穫の様子を見学させていただきました。畑を見ながら、れんこんの旬の時期、保存方法、調理法などたくさんお話しをしてくださいました。

 

 

 

 

 

とてもわかりやすく、皆さん興味深くお話を聞き、栽培について質問などもされていました。

 

 

 

←箱詰め作業場にて

 

れんこん1本につき、5節ほどある中の2~4節だけが流通し、繊維質が多い1節目は加工に回ることや、9月から春先まで収穫が続くことなどのお話は、初めて聞くことばかりで、大変勉強になりました。

【アンケートより】

  • れんこん農家については、テレビでも見たことはありましたが、現地で畑の広さや深さなどを見ると、思っていたのとは違っており、ご苦労がわかったような気がします。いただいたれんこんをわさび醤油でいただき、そのおいしさに感激しました!
  • 箱詰め、袋詰めなどすべて手作業で行っておられ、大変だと思いました。れんこん畑でレンコン掘りの様子を見せていただき、ありがとうございました。
  • 加賀れんこんがどのように栽培され、収穫されているかがわかり、良かったです。夏の暑さや冬の寒さの中、大変な思いをされて生産されていることがわかりました。

 

<四方・倉垣地域委員会>前期組合員のつどいを開催!

2019年08月02日

2019年7月18日(木)11:00~ 和合コミュニティセンターにて

参加者 大人13人

今回のつどいは、全会場で「骨とりさばの和風カレー煮」「直火焼ペッパーローストポーク」などの試食や、SDGs(エスディジーズ)とエシカル消費の学習、CO・OPとやまの添加物基準についてお知らせをしています。

私たちは「国産素材コース」を調理・試食しました。その他に、独自活動として南日味噌醤油(株)から講師をお迎えし、「糀の活用法」学習会を開催しました。

まずは、糀についてお話をされました。味噌は味の9割が米こうじで決まってしまうということや、塩こうじ、甘酒は米こうじが一番大事だということを教えていただきました。南日味噌では米こうじにの原料には富山県産丸米を100%使い、丸4日間かけて米こうじを発酵させているそうです。

 

 

 

 

 

お楽しみの塩こうじ作り!上手にできるポイントを教えていただきながら、各自で塩こうじを作ってみました。

 

 

 

 

 

会場では材料を合わせるところまで作ったので、あとは家庭で約1週間毎日かき混ぜて発酵させることが大事。おいしい塩こうじができるといいですね!

つどいの試食品や塩こうじ漬けの豚肉を焼いたもの、南日さんのストレート甘酒も参加者みんなで試食し、感想などを交流しました。

 

 

 

 

 

【参加者の感想】(抜粋)

  • 体に良いと話題になっていたので、以前、別の甘酒を買って飲んだのですが、イマイチでした。ところが、南日さんの甘酒はとても飲みやすくおいしかったです。全然違っていました。
  • 自家製の塩こうじでいろいろな料理に使いたい。ストレート甘酒もとてもおいしかったので、購入したい。
  • 塩こうじが思っていたより簡単にできてびっくりしました。子どもたちとも一緒に作ってみることができそうだし、できた塩こうじで簡単料理も作れるので家で一緒にやってみたい。

 

<四方・倉垣地域委員会>国産はちみつ学習会を開催しました!

2019年05月20日

2019年5月9日(木)  四方・倉垣地域委員会主催  参加者14人

はちみつ、食彩酢でおなじみの藤井養蜂場から講師をお迎えし、「はちみつを使って楽しくクッキング!学ぼう・食べよう 国産はちみつ学習会」を開催しました。

講師の三浦さんから、国産はちみつと中国産などの安価なはちみつとの違いや、蜂の習性、いろいろな花からはちみつが採れることなど興味深い話をしていただきました。

 

 

 

 

 

↑  熱心に説明をされる講師の三浦さん

はちみつを使ったたくさんの料理レシピをさっそく参加者の皆さんで調理!

 

 

 

 

 

「豚はちみつみそしょうが焼き」「揚げなすの煮びたし」「小学いも」「トマトの食菜酢漬」「きゅうりとわかめの梅みそ和え」「キャラメルナッツ」「きな粉あめ」などたくさんの料理を教えていただきました。三浦さんお手製の「カリカリ梅ジュース」も「とてもおいしい!!」と大好評で、青梅が出回る時期に自家製にトライしてみたいという声がたくさん聞かれました。

【参加者の感想】(抜粋)

  • はちみつの使い方がわかりました。魚の臭みとりにも使えるとは知りませんでした。
  • いろいろな料理にはちみつを使えることに驚きました。
  • はちみつの種類の多さと味の違いに感動しました。
  • 食菜酢を利用し、旬の野菜(新玉ねぎ、夏野菜)をたっぷり食べたいです。

 

<四方・倉垣地域委員会>前期組合員のつどいを開催!

2018年08月17日

2018年7月19日(木)10:00~ 和合コミュニティにて 参加者 大人18人

今回のつどいは全会場で「契約栽培国産大豆使用絹こし豆腐と充てんとうふの試食」「骨とりさばのみぞれ煮」「ハッピーサラダ」などを試食し、SDGs(エスディジーズ)やエシカル消費についても学習しています。

私たちは「コラボレシピメニュー」を調理・試食しました。また、衣料洗剤「セフターエナジー強力洗浄」と市販の洗剤との洗浄力比較実験も行いました。

その他に、大山乳業農業協同組合から講師をお迎えし、「学ぼう!食べよう!おいしい乳製品&冷凍スイーツ 学習会」を開催しました。

 

 

 

 

講師の門脇さんは牛柄のエプロンで登場!乳牛を「牛さん」と呼びながら生乳になるまでの酪農家の苦労や乳牛を愛情をかけて育てていること、また、大山乳業の商品についても説明され、愛情と自信を持って大山乳業の商品作りをされていることがわかりました。

お話の後、大山乳業の乳製品やアイスクリームの試食もして商品への理解をさらに深めることができました。

【参加者の感想】(抜粋)

  • 生乳になるまで、酪農家さんの日々の努力で私たちはおいしく牛乳を飲むことができるということがわかりました。
  • アイスだけでなく、シャーベットもとてもおいしかった。牛乳をみそ汁に入れるなど、まだまだ乳製品をおいしく食べる工夫があることがわかり、おもしろかったです。

 

 

 

 

 

 

<四方・倉垣地域委員会>後期組合員のつどいを開催!

2017年12月05日

2017年11月16日(木)10:00~ CO・OPとやま北部センター 組合員ホールにて

参加者 大人18人 子ども1人

今回のつどいは、全会場で「栗おこわおにぎり」「CO・OP大山ヨーグルト」「紅白かもめの玉子ミニ」などを試食しています!

私たちは、独自活動として喜作園より講師をお招きし、「お茶の学習会」を開催しました。講師の方からお茶の種類と特徴や、お茶のおいしい入れ方を丁寧にそして熱く教えていただきました。

 

 

 

 

 

お茶の入れ方などを教えていただくと、わかっているようで意外とわかっていなかったことに気付きました。習ったとおりにやってみると、おいしいお茶をいれることができました。

その他に、私たちは「お手軽!華やかコース」を調理・試食しました。試食をしながら、学習会の感想や試食商品について皆さんで和やかに交流しました。

【参加者の感想】(抜粋)

<お茶の学習会について>

  • お茶の入れ方がわかって良かったです。温度によって味が違うことがよくわかりました。
  • いつも熱湯でお茶を入れていましたが、習ったとおりに入れてみたら甘みがあっておいしかったので、これから家でも実行しようと思います。

<つどい商品について>

  • 越後餅は、食べてみてとてもよいお餅でした。
  • 白あえベースで和えたしめじがおいしかったです。家ではほうれん草やブロッコリーなどを使っていますが、今日いただいたしめじは食べやすくおいしかったです。今度作ってみようと思います。

2017後期つどいレシピの紹介

 

>> 記事をもっと見る