2018年10月

ハチバンに行ってきました!

2018年10月31日

2018年9月12日(水) 婦中町地域委員会 参加者 大人9人  子ども2人

ラーメンや餃子でおなじみの(株)ハチバンに行ってきました。

ラーメンと餃子の製造ラインを見学しながら、詳しく説明をしていただき、衛生管理を徹底していることや、食品ロス削減に取り組んでいらっしゃることがわかりました。製造ラインに次々に流れてくる餃子を見ているとおいしそうで食べたくなってしまいました♪

 

 

 

 

 

【アンケートより】

  • 店舗用、外販用、外食産業用の全てを石川の工場だけで作っていることに驚きました。製造ラインに思ったより人の手がたくさん必要なことがわかり、機械だけでは難しい部分が多いのだと感じました。
  • 餃子の皮やラーメンの麺の余りを出来る限り残すことなく使うところが今の時代にも合っていてすごいと思いました。
  • 食品ロスを減らす努力をしておられることや、安全・安心の商品生産を確認できたので参加してとても良かったです。

 

高岡 秋のミニ生協まつりを開催しました!

2018年10月30日

20181027(会場:高岡センター

参加者:大人143人、子ども33人

当日は、地域委員や地域の組合員の方々、お取引先のみなさんや役職員を合わせ、200人を超える参加者で生協まつりを盛り上げました。

 

 

 

 

CO・OPとやまオリジナル商品や産直商品などのお取引先13社の方にも参加していただき、直に商品のこだわりや活用方法を聞いたりしながら、商品を買い求める方がたくさんおられました。楽しく話しをしながら各ブースを見ていくと、つい財布のひもも緩んで手に持ちきれないくらいの商品が…

「餅つき」や「ポップコーン」「風船アート」は、子ども達に大人気。

 

 

 

 

←つきたてのお餅に行列も!

 

またサックスミニコンサート、東日本大震災応援支援物資販売、みなみ店からは「移動店舗」や「焼き芋」販売などの企画もあり、大人から子どもまで楽しめるまつりとなりました。

地域委員の皆さんはブースのお手伝いや喫茶コーナーなどを担当し、地域のみなさんと楽しく交流もできました。

2018 後期組合員のつどい レシピ紹介

2018年10月24日

10月29日(月)~11月16日(金)にかけて、富山県内約60会場で「後期組合員のつどい」を開催します。

地域の組合員が迎春商品やCO・OPとやまで人気の商品などを試食しながら、くらしについておしゃべりしたり、学んだりします。

会場で配布予定のレシピをご紹介しますのでご覧ください(試食商品は会場によって異なります)。

※画像をクリックすると大きくなります

詳しい日程や場所などは、共同購入配達時にお届けするチラシをご覧ください。

みなさまのご来場をお待ちしています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<大沢野・細入・新保・熊野・月岡地域委員会>糀の活用法学習会を開催しました!

2018年10月23日

2018年10月19日(金)  大沢野・細入・新保・熊野・月岡地域委員会主催

参加者15人

さくらみそ、ストレートあまざけでおなじみの南日味噌醤油より講師をお迎えし、「糀の活用法学習会」を開催しました。

まずは、糀のお話から。味噌は味の9割が米こうじで決まってしまうということや、塩こうじ、甘酒はこうじそのものの味で左右されるため、米こうじが一番大事だということを教えていただきました。南日味噌ではその米こうじにこだわり、原料は富山県産丸米を100%使い、丸4日間かけて米こうじを発酵させているそうです。

 

 

 

 

 

いよいよ塩こうじ作りです。手作りで塩こうじを作る時のポイントを教えていただきました。一番のポイントは良い糀を選ぶこと。南日味噌の生こうじだったら間違いないですね!あとは、正しく計量をすること仕込んだ翌日から必ず毎日かき混ぜることが大事だそうです。

 

 

 

 

最初にこうじをパラパラとほぐし、分量どうりに塩と水を入れて混ぜ、ふたがある容器に入れればあっという間に出来上がり!!あとは、明日から毎日かき混ぜるのを忘れずに1週間くらい発酵させるだけ。自分だけの塩こうじが出来るのが楽しみです。

 

 

 

 

 

塩こうじを入れて炊いたご飯、塩こうじを調味料として使った野菜炒め、さくらみそのみそ汁を試食しました。野菜炒めはまろやかな塩味がおいしいと好評でした。

【参加者の感想】(抜粋)

  • 初めての塩こうじ作り。塩こうじに漬けると肉がやわらかくなるとのこと。さっそく漬けてみます!
  • 塩こうじを使うことで、減塩になるといわれたのでびっくりでした。
  • 塩こうじの作り方のポイントもわかり、塩こうじを使ったレシピも聞けてよかったです。

 

<萩浦地域委員会>千倉水産のパクパク食べようお魚試食学習会を開催しました!

2018年10月23日

2018年10月11日(木)  萩浦地域委員会主催    参加者17人

〆さばや脂ののったさば一夜干などの冷凍魚でおなじみの千倉水産加工販売より講師をお迎えし、お魚試食学習会を開催しました。

しめさば昆布〆で作る「簡単〆さば押し寿司」の作り方を教えていただきながら、参加者みなさんで実際に一人一人作ってみました。

 

 

 

 

 

今日は、話題のお米「富富富」を使って〆さば押し寿司作り!みなさん「富富富」をいち早く食べることができるとあって思わず「ふふふ…?!」。ラップとまきすを使うだけでとっても簡単に押し寿司ができあがりました。

その他、塩さば切身の煮付けの作り方やグリルを使わずにフライパンで魚を焼く方法を教えていただきました。

 

 

 

 

 

できあがった〆さば押し寿司やたくさんの試食品のお魚を食べながら、楽しく交流もしました。

【参加者の感想】(抜粋)

  • しめさば昆布〆で押し寿司が簡単にできて美味しくて驚きでした。塩さば切身の煮付けも美味しかったです。
  • こんなに簡単にさば寿司が作れるなんて感激!
  • たくさんの種類の商品を試食できて驚きました。

 

<砺波第1・2支部>「赤ちゃん教室(リトミック教室&離乳食試食)」を開催しました!

2018年10月1日

2018年9月21日(金)10:00~12:00 CO・OPとやま砺波センター2階組合員ホール

砺波第1・2支部委員会 参加者11組24人

砺波センターでは、毎年この時期に赤ちゃん教室を開催しています。

今回は、Liveryしおはら音楽教室より講師をお迎えし、リトミック教室を開催しました。

 

 

 

 

 

↑まずは、みんなで手遊びから。楽しく歌を歌いながら手や体全体をつかってリズムを感じます♪

 

 

 

 

ふわふわしたきれいな色紙をひらひら~。花火にみたててドーン!!と上から色紙がはらはらと落ちてくると、赤ちゃんたちも目で追ったり、手にとってみたり…ママたちも童心にかえってとっても楽しそう。ママが楽しそうだと赤ちゃんも自然とリラックスしている様子です。

たくさんリズム遊びをした後は、生協商品を使った離乳食などの試食タイム!

 

 

 

 

 

きらきらステップのうどんや肉だんごを使ったスープは赤ちゃんに。枝豆がんもを使った炊き込みごはんやサラダチキンのピラフなどはママたちに試食していただきました。たくさん遊んだので、赤ちゃんたちもお腹がすいていたのか、もぐもぐ…たくさん食べてくれました♪

【参加者の感想】(抜粋)

  • リトミックは子どもが大喜びでした。
  • 「やわらかいミニうどん」は食塩不使用なので、離乳食で使いたいです。少量ずつになっているので、便利。
  • 「肉だんご」はやわらかくて離乳食後期でも使えそう。