2017年10月

【学習会】コーヒーの淹れ方教室を開催しました!

2017年10月30日

2017年10月18日(水)  魚津市地域委員会主催  参加者31人

小川珈琲より講師をお招きし、コーヒーの淹れ方教室を開催しました。コーヒーがお好きな方が多かったのか、今回初めて学習会に参加された方もたくさんおられて大盛況!!

 

 

 

 

小川珈琲の商品について詳しく説明していただき、それぞれの商品特徴などを学習しました。グループに分かれて、皆さんが一番興味のある美味しいコーヒーの淹れ方も教えていただきました。

 

 

 

 

 

一人分のコーヒーの量を必ず守って、ペーパーフィルターにコーヒーの粉を入れたらトントンとたたいて粉を平らにすること。ドリッパーにお湯を注いで約30秒蒸らすと、コーヒーのおいしい成分が引き出させることや、お湯をフィルター内で回しかけしないことなど美味しいコーヒーを淹れるコツを一つひとつ教えていただきながら、実際にコーヒーを淹れてみました。

コーヒーのいいにおいに包まれた会場で、楽しく、ためになる学習会となりました。家庭でのコーヒータイムが一層楽しくなりそうです。

【参加者の感想】(抜粋)

  • コーヒーの抽出方法について、自分の今までのやり方はまったくの間違いだったことがわかりました。
  • お湯の入れ方などで、味がまったく違うことに驚きました。
  • コーヒーをおいしく淹れるポイントを色々習ったので、家でやってみたいと思いました。

 

 

高岡 秋のミニ生協まつりを開催しました!

2017年10月30日

20171028()

会場:高岡センター

参加者:大人113人、子ども19

地域委員や地域の組合員の方々、お取引先のみなさんや役職員を合わせ、160人を超える参加者で「高岡 秋のミニ生協まつり」を盛り上げました。

 

 

 

 

支部産直の生産者やCO・OPとやまオリジナル商品のメーカーの方と、商品のこだわりや活用方法を楽しく交流しながら、いろいろな商品を購入される姿がみられました。

 

 

 

 

また、地域委員が中心となってブースのお手伝いや喫茶コーナーなどを担当し、地域のみなさんと交流しました。

 

 

 

 

↑楽しそうな笑顔がいっぱい!!

今年初めて行った“餅つき”や“鍋コーナー”は大好評で、子ども達は餅つき体験に大喜びでした。また風船アートやサックスミニコンサート、東日本大震災応援支援物資販売、組合員によるパッチワーク教室、フリーマーケット、スタンプラリーなどの企画もあり、大人から子どもまで楽しめるまつりとなりました。

 

 

 

 

 

参加者からは、「たくさんの方々が参加していて、活気があり楽しかった」「生産者に直接お話を聞けて良かった。これからも利用していきたい」「今年の台風で自宅の一部が壊れ困っていたが、リフォームで相談でき、修理してもらえることになった。」など感想が寄せられました。

 

 

さわや食品と富山ホーム食品、商品検査室へ見学に行ってきました!

2017年10月24日

2017年9月20日(水) 魚津市地域委員会 参加者16人

「コーヒースナック」などのパンでおなじみのさわや食品と、「充てんとうふ」、「厚あげ」の富山ホーム食品、CO・OPとやま商品検査室へ見学に行ってきました!

最初は、射水市のさわや食品へ行きました。澤谷社長から、製品に対する考えや商品開発の苦労などを聞くことができました。

 

 

 

 

 

次に向かったのは、CO・OPとやま商品検査室です。

こちらでは、日々組合員に安全・安心な商品をお届けするために、微生物検査や食物アレルゲン簡易検査、放射性セシウム簡易検査を実施しているとのお話を聞くことができました。しっかり商品の検査をされていることがわかり、「今後も安心して生協の利用ができるね!」との声が聞かれました。

 

 

 

 

↑皆さんに熱心に説明をする赤間室長。

最後は、滑川市の富山ホーム食品へ。

充てんとうふの製造工程や、県内産大豆にこだわって生産しておられることなどわかりやすく説明していただきました。

【アンケートより】

<さわや食品>

  • 社長のパンに対する熱意が伝わってよかったです。
  • 見学したことで、商品に対する熱意や苦労がわかり、これからもずっとおつきあいしたいと思いました。

<富山ホーム食品>

  • とてもわかりやすく、社長の熱意が伝わりました。生協の商品と市販品との違いもよくわかり、とても良かったです。
  • 生協の商品は富山県内産大豆にこだわって生産されていることがわかりました。

<商品検査室>

  • 実際に商品検査室でお話を聞いていろんな菌の検査をされている事がわかり、安心して買うことが出来ます。さすが生協!
  • 検査室では、細かく検査されている様子に安心しました。

飛騨酪農へ見学に行ってきました!

2017年10月24日

2017年9月29日(金) 大門地域委員会 参加者14人

低温殺菌牛乳の「パスチャライズ飛騨」、「飛騨ヨーグルト」などでおなじみの飛騨酪農へ見学に行ってきました!

 

 

 

 

 

飛騨酪農の方から、牛乳をとりまく現状や、牛乳の生産工程なども細かく丁寧に説明していただきました。

 

 

 

 

 

 

ヨーグルトの試食をいただきながら、意見・質問の交流をしました。

【アンケートより】

  • 試食したプレミアムヨーグルトはおいしくて、今後利用しようと思います。はちみつバターも大好きです。
  • 試食のヨーグルトがおいしかったです。次回から飛騨酪農の商品を積極的に購入したいと思います。

 

南1・2支部商品委員会より おすすめ商品をつかったレシピを紹介

2017年10月19日

南1・2支部商品委員会では、生協商品大好きな仲間で月に1回集まって、料理を作ったり、レシピを考えたり、市販品との食べ比べをしています。

2017年度から、わくわくこ~ぷに掲載される商品のアレンジレシピやおすすめコメントを考える活動を開始しました!

今回は「ふもと赤鶏」と「みつせ鶏肉だんご」のレシピです。

ぜひお試しください★

⇒次回の企画は11月4回の38番(みつせ鶏肉だんご)・260番(ふもと赤鶏)です。

 

 

 

 

 

↑クリックすると大きく表示します

 

 

安井ファームと杉本食品へ見学に行ってきました!

2017年10月19日

 2017年9月16日(土) 新湊地域委員会 参加者15人

さくらたまごでおなじみの安井ファームとこんにゃくの製造メーカー杉本食品へ見学に行ってきました。

バスの中で、資料を見て事前に学習をしながら本日の見学先へ向かいました!

最初は安井ファームの見学です。

 

 

 

 

 

さくらたまごのパック詰め作業の様子を見学しながら、生産者の安井さんよりニワトリに与える飼料のこだわりの説明や、たまごの洗浄・選別に関することまで皆さんの意見や質問に丁寧に答えていただきました。

特に餌については、ニワトリの健康を第一に考え、遺伝子組み換えではないとうもろこしや、魚粉、おからなどを発酵させたものを与えているということを教えていただきました。

次に向かったのは、杉本食品です。

 

 

 

 

 

杉本社長より、こんにゃく製造のこだわりについての説明や家庭での使い方などについてお話していただきました。いつも杉本食品のこんにゃくを利用されている参加者が多かったため、たくさん質問も出て、それに答えていただきながら杉本さんと交流することができました。

【参加者の感想】(抜粋)

  • 生産者が吟味した魚粉などの餌を自家配合してニワトリに与えておられることがわかりました。
  • 餌に徹底的にこだわっておられることが市販の卵との違いだとわかりました。
  • 大手こんにゃくメーカーの進出競争の中、独自の製法で頑張っておられる杉本さんに拍手です!
  • 今回参加して、改めて価格で判断して市販の物を利用する割合を少し減らそうと思いました。

 

 

飛騨酪農へ見学に行ってきました!

2017年10月11日

2017年9月14日(木) 立山町(北)地域委員会 参加者11人

低温殺菌牛乳の「パスチャライズ飛騨」、「飛騨ヨーグルト」などでおなじみの飛騨酪農へ見学に行ってきました!

まずは牛乳の生産ラインを見学しました。

 

 

 

 

 

製品化された牛乳がつぎつぎと生産ラインに流れてくる様子にくぎづけになってしまいました。

 

 

 

 

 

飛騨酪農の方から商品の説明や牛乳に対する思いをお聞きしました。生乳の生産に欠くことができないすばらしい自然環境であること、また、遺伝子組み換えされていない飼料を使用し、何度も検査されていて安心・安全な牛乳を生産されていることがわかりました。

 

 

 

 

 

 

【アンケートより】

  • 酪農家の方が飼料にもこだわっておられることに感心しました。
  • 個々の酪農家の方の思いがこの高品質な商品につながっているのだと感じました。早速今季のお歳暮は飛騨酪農のアイスクリームギフトに決めました!
  • この産地・工場見学で飛騨酪農の商品について知ることができ、購入してみようと思いました。知ることは大切だと見学をして思いました。

信州産直組合のりんご産地へ行ってきました!

2017年10月5日

婦中町地域委員会より産地・工場見学の様子をリポートします!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

婦中町地域委員会では、10月4日(水)信州産直組合のりんご産地見学に行ってきました。

参加人数 : 組合員20名

天候の心配もありましたが、到着する頃には青空が広がり、簡単な説明を聞いてからりんご狩りをさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

現在採れるのは、信州りんご三兄弟の「秋映」(上)、「シナノゴールド」(左)、「シナノスイート」(右下)、でした。それぞれ試食もさせていただき、皆さんお好みのりんごを思い思いに採っておられました。

 

 

 

 

 

 

 

秋映は酸味と甘みのバランスが良く、はっきりとした味、シャキッと歯応えも良く一番人気でした。シナノゴールドは爽やかな味、シナノスイートは優しい甘みがあり、どれも果汁たっぷりジューシーで美味しかったです。

その後、ジャムやジュースの加工場、配送センターを見学してから、質疑応答。有機肥料をはじめ、完全無袋栽培、農薬の量やタイミングの考慮により、皮ごと丸かじりできる美味しいりんごを作っておられることを説明していただきました。旬の果実を安心して皮ごといただけるのは、とても嬉しいです‼︎

婦中センターよりバスで片道約3時間、帰りは小布施に寄って昼食&散策をしてきました。

皆さんと和気あいあい、楽しい産地見学でした。

【学習会】「赤ちゃん教室(ベビーマッサージ&離乳食講習会)」を開催しました!

2017年10月4日

2017年9月26日(火)10:00~12:00 CO・OPとやま砺波センター2階組合員ホール

砺波第1・2支部委員会 参加者15組31人

砺波センターでは、毎年この時期に赤ちゃん教室を開催しています。

ロイヤルセラピストの盛先生をお迎えし、とても和やかでゆったりとした雰囲気でベビーマッサージを行いました。

 

 

 

 

 

ベビーマッサージを通して、ママの優しいあったかい手で赤ちゃんに触れてあげることが親子のスキンシップとなり、赤ちゃんはママからの愛情をちゃんと感じとることができるそうです。赤ちゃんが気持ちよさそうな表情をしていると、ママたちも自然に穏やかな優しい笑顔に。

ベビーマッサージの後は、CO・OPの離乳食商品「きらきらステップ」やミックスキャロットピラフ、枝豆がんもご飯、ヨーグルトのデザートなどを試食しながら、ママどうしで交流しました。

 

 

 

 

 

 

初めて会ったママたちも試食の感想や子育てトークですっかり打ち解け、会話がはずみました。

【参加者の感想】(抜粋)

  • 今後仕事に復帰予定なので、生協の離乳食商品を活用して時短をしたいです。
  • 「きらきらステップ」商品の「白がゆ」「ミニうどん」は冷凍で小分けになっていて便利なので利用したいです。
  • 生協のいろんな商品があることがわかりました。CO・OPとやまの組合員さんに若い人たちもたくさんおられることがわかりました。
  • ミックスキャロットのジュースは飲むのも美味しいし、ミックスキャロットピラフもおいしかったです。
  • ミックスキャロットピラフと枝豆がんもご飯どちらもおいしかったです。がんもを利用してみたいです。