2017年9月

信州ハムへ見学に行ってきました!

2017年9月28日

2017年9月11日(月) 大山地域委員会 参加者20人

グリーンマークのハム、ウインナーなどでおなじみの信州ハムへ見学に行ってきました!

信州ハムの社員の方々にとてもあたたかく迎えていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

添加物へのこだわり、製品の品質に対する考え方なども丁寧に説明していただきました。

 

 

 

 

 

↑説明を聞きながら、皆さんウインナーやハムの製造行程を熱心に見学。

ガラス越しでの製造ラインの見学でしたが、工場内はもちろん、働いている方々もとても衛生管理に気を付けていらっしゃる様子がわかりました。

 

 

 

 

 

作り手の皆さんの思いがとてもよく伝わった信州ハムの産地・工場見学でした。

【アンケートより】

  • 商品の説明が丁寧でした。手作業でミスがないように緊張感を持たなければならないところが大変だろうと思いました。安全・安心がよくわかりました。
  • 商品の説明をしっかりしていただき、良く理解できました。寒い工場内での作業は本当に大変だと思いました。
  • 衛生管理がとても厳しく、しっかり守られていて安心しました。

 

【学習会】サラダコスモ学習会を開催しました!

2017年9月27日

2017年9月14日(木)  萩浦地域委員会主催  参加者19人

サラダコスモより講師をお招きし、学習会を開催しました。最初に講師の方から豆苗やもやしの製造方法について説明していただきました。その中で生協の緑豆もやしに使われている紙袋のヒミツやおいしさの理由などを聞くことができました。

 

 

 

 

 

「緑豆もやし」、「豆苗」、「国産チコリ」、「袋のままレンジで温野菜サラダ」を使って参加者の皆さんで調理をしました!「緑豆もやしの白だし和え」「もやしと豆苗の炒め物」「チコリのフィンガーサラダ」「チコリの天ぷら」「もやしのみそ汁」「温野菜サラダ」とどれも簡単でおいしいものばかりでした♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑皆さんで作ったたくさんの料理を試食しながら、楽しく交流しました。

【参加者の感想】(抜粋)

  • 普段なかなか利用しない「ちこり」や「豆苗」のおいしい食べ方を教えていただき、参考になりました。
  • もやしの作り方、サラダコスモさんのこだわりなどいろいろな話を聞くことができてとても参考になりました。
  • 今までもやしはスーパーで安いものを購入していました。今回、価格のちがいにはきちんとした理由があることを改めて感じました。
  • もやしを取り出した後の紙袋を再利用して、別の野菜の鮮度を保つために使えることに驚きました!すぐ捨てていたことを反省します。
  • もやしの安全性やおいしさの理由、手間ひまをかけ工夫研究しておられることが分かりました。

 

とやまアルペン乳業の産地・工場見学に行ってきました

2017年9月15日

婦中町地域委員会より産地・工場見学の様子をリポートします!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

婦中町地域委員会では、9月13日(水)に、とやまアルペン乳業さんへ産地・工場見学に行ってきました。

(参加人数:大人10名、子ども6名)

到着後、早速工場長よりタンクローリーにて運ばれてきた生乳が製品として出荷されるまでの説明をしていただきました。

↑こちらがとやまアルペン乳業さんの人気のモーモーちゃんが描いてある貯乳タンク。何本もあり、迫力がありました。朝10時には到着しましたが、すでに受入れ作業は終了していて、清掃後だとか。明るく清潔感がありました。

↑こちらは検査室。アルペン乳業さんでは、生乳の受入れ時に受入れ検査、清浄機で細かいゴミなどを取り除いた状態で2回目の検査、そして、出荷前に最終の製品検査、と、3回の検査を行っておられます。安全・安心な牛乳を、という思いが伝わります。

↑パックに牛乳を充てんして製品にするライン。毎日、蒸気消毒をされるとのことで、見学用の窓には水蒸気の跡がついていました。

見学後はDVDを鑑賞して製品化までの流れをおさらいし、また、富山県の牛乳(酪農)を取り巻く環境についてもお話しいただきました。牛乳は鮮度が命、ということで、原料の生乳を県内産にこだわり、最高の状態で出荷できるよう、日々努力されていることが伝わりました。

婦中町地域委員の中には、西支部商品委員会として、包材が新しくなってご好評をいただいているとやまアルペン乳業さんのPB商品「プレーンヨーグルト生乳仕立て」の開発に携わった人もいるので、ヨーグルトを作っている工場も少しだけ、見学させていただきました。こちらも、より良い製品になるよう、改善を加えておられるお話を聞き、安心しました。

何度か見学に来ているとやまアルペン乳業さんですが、その度に新しいことに取り組んでおられるお話が聞けて、嬉しい見学でした。

<おまけ>

 

 

 

 

 

 

 

↑これは、アルペン乳業さんの牛乳パックで作ったおウチ(婦中町地域委員の力作)です。お子さんは、たくさん牛乳を飲んで、スクスク育っているのかしら?

高岡第1・第2支部 夏休み親子クッキングを開催しました

2017年9月8日

2017年8月28日(月) CO・OPとやま高岡センターにて

参加者 大人5人 子ども3人

今回のメニューは「きゅうりとトマトのヨーグルトサラダ」「なんでも野菜(炒め)蒸し」「モロヘイヤのスープ」「クリームソーダ」「こどもすし」の4種類でした。

 

 

 

 

子どもたちは、お母さんと一緒に料理ができてとても楽しそうでした。また、自分たちで頑張って作ったたくさんの料理に大満足の様子でした!

 

 

 

 

↑ 包丁の使い方をお母さんに教えてもらいながら作りました。

 

 

 

 

 

↑ お母さんも子どもも調理に真剣!!

【参加者の感想】(抜粋)

  • 押し寿司が思ったより簡単にできることに驚きました。
  • 牛乳パックを使って一人前のかわいい押し寿司を作ることができて、これから家でもまねをして作りたいと思いました。
  • 「なんでも野菜(炒め)蒸し」はいつも野菜はドレッシングをかけて食べることばかりだったので、ベーコンと塩・コショウ・バターの味付けがすごくおいしくて、野菜がたくさん食べられると思いました。色々な野菜で試してみたいと思います。

南1・2支部商品委員会より おすすめ商品をつかったレシピを紹介

2017年9月1日

南1・2支部商品委員会では、生協商品大好きな仲間で月に1回集まって、料理を作ったり、レシピを考えたり、市販品との食べ比べをしています。

 

 

 

 

 

 

2017年度から、わくわくこ~ぷに掲載される商品のアレンジレシピやおすすめコメントを考える活動を開始しました!今回は「ぱくぱく厚切り生姜焼き(国産)」 と「本味納豆」のレシピです。活動内容やレシピをお知らせする手作りのニュースも作っています。

ぜひお試しくださいね★

 

 

 

 

 

↑クリックすると大きく表示します

 

2017後期つどいレシピの紹介

2017年9月1日

10月30日(月)~11月17日(金)にかけて、富山県内約60会場で「後期組合員のつどい」を開催します。

迎春商品やCO・OPとやまで人気の商品などを試食し、みんなでおしゃべりしながらCO・OPとやまへの要望を出したり、食の安全などについて学習したりします。

会場で配布予定のレシピをご紹介しますのでご覧ください(試食商品は会場によって異なります)。

※画像をクリックすると大きくなります

詳しい日程や場所などは、10月以降に共同購入でお届けするチラシをご覧ください。

みなさまのご来場をお待ちしています!