2013年2月

クラフトバンド教室開催

2013年2月14日

s_kurafuto1-thumb-250x187-4674s_kurafuto2-thumb-200x150-4676

 

開催日:2013年2月13日(水) CO・OPとやま砺波センター2階 組合員ホール

砺波西地域委員会 参加者14人

 

昨年初めて開催して大好評で今年も開催。

牛乳パックを再利用して作られた紙バンドを使い、「石畳編み」という編み方を繰り返す、誰でも簡単に楽しめる手芸です。コツをマスターすれば、ティッシュケースやバッグなども作ることができます。

今回作ったのは平たい小物入れ。面に編んだものに水を含ませ、側面を立ち上げ形を整え、固まったら余分なところを切り取って完成です。使う道具もハサミのみ。地域委員長が講師となり、一人ひとり丁寧に説明しました。

初めての参加者は「結構指先に力が要るけど慣れれば簡単でおもしろい」「出来上がりを想像しながら毎日コツコツと編む時間を楽しみたい」との感想がありました。昨年参加した地域委員もこの手芸の魅力にはまり、今年は自分達も教えられるようになって委員長をサポートしようと練習を重ねたそうです。忙しい日々の中でも手づくりを楽しむ時間を大切にしてほしいと話されていました。

バレンタインお菓子作り教室開催

2013年2月14日

s_barentain-thumb-250x200-4672

 

開催日:2013年2月8日(金) CO・OPとやま本部 組合員ホール

富山南第2支部主催 参加者30人

 

地域委員を募集する企画としても開催。

バレンタインに向けて「CO・OPファミリーチョコ」を使った「キャラメルりんごのチョコケーキ」「フォンダンショコラの白玉」の2品を作りました。

チョコケーキは新鮮なさくらたまごの白身をしっかり泡立てることで、ふっくらしっとり。材料はたまごとチョコだけでできました。また、白玉はもちもちの生地の中からトロッとしたチョコが溶け出す絶妙なおいしさです。今回は生地にもチョコを混ぜてココア色の白玉でしたが、いちごジャムでピンク、抹茶でグリーン、かぼちゃでオレンジなど、生地は食材でカラフルにアレンジができ、いろいろな機会に作って楽しめるおやつです。

CO・OPファミリーチョコは「口溶けがよく、おいしい」と人気の商品です。また、つやもよく出るので手づくり用に大変おすすめです。

締めくくりに主催者から「地域委員会では、今年お料理教室や産地見学など楽しい行事をみんなで企画します。ぜひ地域委員になってやってみませんか!」との呼びかけがありました。

年金制度について学ぶ

2013年2月14日

IMGnenkin_2734-thumb-250x187-4667

 

開催日:2013年1月24日(木) CO・OPとやま高岡センター 組合員ホール

古府地域委員会

 

めまぐるしく変わり、わかりづらい年金制度の現状と今後について学びました。全日本年金者組合高岡支部の彼谷(かや)さんを講師に、「どうなる?どうする?年金制度」の資料を使い、年金制度の現状について説明を受けました。その後の意見交流の中で次のように話されました。

『現在は65歳からもらえる年金ですが、その金額はそれまでに掛けた保険料によって決まります。パートや派遣などの非正規労働者は、少ない給料で年金保険料を収めることが出来ない方も多く、将来「年金がもらえない」「少なすぎて生活できない」方が増えることが懸念されます。今後に年金をもらう世代が安心して暮らせるような制度にしなければいけない。2014年4月からの消費税率の引き上げで、年金生活者も更に大変になるのは明らか。もともと消費税は、社会保障に充てるための税だったはずなのに、そうなっていない現状で増税するのはおかしい』こうした現状を受け、年金者組合では、消費税に頼らず、国庫負担で全ての高齢者に決まった月額を支給する「最低保証年金制度」の実現を目指しているとのこと。参加者で、国に対してその実施を求める署名の協力をおこないました。

参加者からは、「消費税を上げて社会保障を良くすると言っていたのに、全くそうなっていないのはおかしいし、更に増税するのは許せない」「もらえるようになるまでまだ時間はあるが、将来が不安になった。制度がこれ以上悪くならないで欲しい」「年金世代も大変だけど、現役世代の不安も大きい」などの意見が出されました。

おいしいお茶の入れ方学ぶ

2013年2月1日

IMG_2666-thumb-250x187-4624

 

開催日:2013年1月11日(金) CO・OPとやま婦中センター 組合員ホール

婦中町地域委員会  参加者10人

(株)喜作園の齊藤さんを講師に、お茶の製造工程についてのDVDを観た後、お茶の歴史や分類・種類についてお話ししていただきました。お茶は大きく分けて、熱を加え発酵を止めた不発酵茶(緑茶)、途中で熱を加える半発酵茶(烏龍茶など)、発酵茶(紅茶)などに分けられます。

学習後、おいしいお茶の入れ方について説明を聞き実際に入れてみました。

一度沸騰させたお湯を人数分の茶碗に冷まして用いること、茶葉はティースプーン1杯を一人分とし、入れすぎないように注意すること、茶碗に注ぐ時は一度に入れず、3ー4回に分けて均等になるように入れ、最後の一滴まで残さず使うことなどに注意し入れました。そして、種類の違うお茶を4点用意していただき、試飲をおこないました。

参加者からは、「今まで我流でやっていた。今日学んだことを早速、家でやってみたい」「お茶の種類や効能など、わかりやすい説明で楽しく学べて良かった」などの感想が寄せられました。