【高岡エリア】伏木

信州ハムへ見学に行ってきました!

2019年10月22日

2019年10月7日(月) 伏木地域委員会 参加者 大人15人

CO・OP商品のハム、ベーコンなどでおなじみの信州ハムへ見学に行ってきました!

工場入り口にて、代表者のみですがメディカルチェック(体調の状態や検温、海外渡航などの確認あり)が厳重でした。日本生協連のCO・OP商品を取り扱っているだけあって、衛生管理が徹底されています。

製造ラインを見学しながら、ハム、ソーセージ、ベーコンなどの行程や概要、無塩せき商品と一般の商品との違いなどの説明を聞きました。

 

 

 

 

 

参加者からはウインナーの美味しい食べ方についての質問などがあり、丁寧に答えていただきました。

 

 

 

 

 

ちょっぴり遠出となりましたが、信州ハムで製造される商品について詳しく知ることができ、楽しく、実のある産地・工場見学となりました!

【アンケートより】

  • 以前にハムを購入した時、ハムの色の悪さが気になっていましたが、その理由がわかり、納得しました。
  • 無塩せき商品と一般商品の区別がよくわかりました。

 

トナミ醤油に行ってきました!

2018年4月27日

2018年4月16日(月)  伏木地域委員会  参加者9人

トナミ醤油、ゆず味噌、山菜類の水煮でおなじみのトナミ醤油へ見学に行ってきました。

宅間社長から、海外輸出や工場の衛生管理に取り組んでいることや、中小企業の大変さをお聞きしました。

 

 

 

 

 

白衣や帽子をかぶって見学。そのことからも、衛生面にもしっかり気をつけておられることがわかります。

 

 

 

 

 

↑醤油工場とジュースの製造工程を見学し、みなさん熱心に説明を聞いています。

試食したごまみそ、ごまみそだれ、ぶどうジュースはどれも大変美味しく、気に入った商品はさっそく購入!!

【アンケートより】

・試食をして自分の口に合った「ごまみそだれ」を購入。さっそく菜ばなにかけて食べてみました。

・衛生管理にとても気をつけていらっしゃるのがよくわかりました。

・醤油以外にもいろんな商品を開発していらっしゃるのにびっくり!!

・商品を買っているだけではわからないことも、産地・工場見学で説明を聞いてわかることがあります。またいろんなところに見学に行きたいです。

【学習会】お茶の学習会を開催しました!

2017年1月18日

1484614335445 1484614350041

2017年1月16日(月)9:30~11:30 古府公民館にて

伏木地域委員会 参加者7人

 

「常葉緑(ときわみどり)」や「金澤棒茶」でおなじみの喜作園の方を講師に迎え、お茶の学習会を開催しました。

湯冷ましをして入れたお茶と、そうでないお茶を飲み比べてみました。

参加者は、温度により高い方が苦味が抽出され、低くなるにしたがって渋味から甘みに変化することを知りました。

茶葉の種類により温度を変化させることで味わい方を楽しめます。

 

【参加者の感想】(抜粋)

  • お茶のことをより深く知ることができて良かったです。

 

 

<伏木地域委員会>後期組合員のつどいを開催!

2016年12月10日

1480566455283

2016年11月7日(月)10:00~11:30 伏木コミュニティセンターにて

参加者16人

 

今回のつどいは全会場で「ローストビーフ」と「越後餅(切り餅)」も試食しています!

そのほかに私たちは☆簡単・便利 パパッとコース☆を調理・試食しました。
1480566723340

【参加者の感想】(抜粋)

  • 「越後餅(切り餅)」と黒豆で黒豆大福を作りました。今まで切り餅は、焼くか煮るかしかしていなかったので、勉強になりました。おいしかったです。
  • 餃子をスープに入れるなんて、思いつきませんでした。長芋も入れて、体が温まりました。これからの寒い季節に家でも作ってみたいです。

後期組合員のつどい レシピ集

 

高岡産直ふれあいまつりを開催!

2016年11月8日

dsc01247 dsc01235

日時:10月29日(土)10:00~14:30 会場:CO・OPとやま高岡センター

参加者:大人112人、子ども24人 合計136人

 

地域委員会を中心に地域の組合員がつどい、協同することの大切さや、教えあい、学びあうことを通して組合員活動の楽しさを実感し、地域委員会が生協運動に確信を持って活動していくことを目指して、毎年開催しています。

今年は、支部産直の生産者やオリジナル商品のメーカーなど13の取引先が参加しました。

組合員は、対面で商品のこだわりや活用方法を聞いたり商品を購入したりしました。また、今川酢造の今川さんによる米酢のミニ学習会行い、知識を深めました。

当日は、地域委員を中心にブースのお手伝いや喫茶コーナーなどを担当し、みんなでまつりを盛りあげました。

 

子ども達も楽しめる風船アートや、サックスミニコンサート、東日本大震災応援支援物資販売、組合員によるフリーマーケット、スタンプラリーなどの企画もあり、大人から子どもまで楽しめるまつりとなりました。

dsc01239

参加者からは、「初めて参加したが楽しかった」「生産者に直接お話を聞けて、商品への愛着が増した。これからも利用していきたい」「喫茶コーナーでは珈琲も頂き、ゆっくり参加できてよかった」など感想が寄せられました。

高岡ふれあい地域交流会を開催しました!

2016年7月16日

DSC02643

開催日:2016年6月25日(土) CO・OPとやま高岡センター

高岡第1・2支部主催 参加者78人(+子ども10人)

 

毎年開催されているこの地域交流会。

地域委員会を中心に地域の組合員がつどい、CO・OPとやまの商品の良さを体感・実感し商品の普及を行うことを目的に開催しています。また、楽しく且つ役立つ組合員活動を通し、協同することや教えあうこと、学びあうことの大切さを知る良い機会にもなっています。

午前の部は映画鑑賞です。今回は「遺伝子組み換えルーレット ~私たちの生命のギャンブル~」でした。

午後の部は試食会です。福田食品、今川酢造、杉本こんにゃく、葵食品、とやまアルペン乳業、日本オリゴ、安井ファーム、信州産直組合、松井園芸、タネのヨシダと多くの業者の方々にもお越しいただき、試食や販売を通じて組合員と交流をしていました。

 

【参加者の感想】(抜粋)

  • ビール漬け、カクテキの素を使用した漬物が非常に美味しくて好評でした。
  • 今川酢造の酢うどんが美味しかった。

 

【学習会】健康チェックをしました!

2016年7月9日

1467878799239

開催日:2016年7月4日(月)9:30~10:30 伏木コミュニティセンター

伏木地域委員会主催 参加者20人

 

2016年度前期組合員のつどいにあわせて、伏木会場では医療生協をお招きして骨密度測定や血圧測定、足指力チェックなどを行いました。

骨粗しょう症の予防のためには、カルシウムを十分に摂ることが必要だけれども、その栄養が骨に行き渡るようにするために、ちょっとした運動など身体を動かすことが欠かせないことを教わりました。

気軽にできる運動(つま先上げ、かかとの上げ下げ、上半身のひねりなど)を、医療生協の方を見本に行い、参加者のみなさんは熱心に取り組んでいました。

 

【参加者の感想】(抜粋)

  • 骨密度が確認できて良かった。また、健康にも気をつけようと思った。

 

 

 

後期組合員のつどい 11月3日~21日 各地で開催しています

2014年11月17日

たのしくこねこね761-thumb-250x187-7497 ゆっくりと絞ってくださいね-thumb-250x187-7499

開催日:2014年11月10日(月) 高岡市役所伏木支所

伏木地域委員会主催 ウィンナー教室開催 参加者15人

 

11月3日から県内各地で開催されている後期組合員のつどい。今回は、11月10日に伏木支所で行われたウインナー教室をご紹介します。黒部市の桜井ハムさんを講師にお招きし、組合員15名が参加。肉をこねるところから始めて、専用の道具で羊腸へ絞り出し、湯煎、フライパンでさっと温めて、できあがり。ウインナーの成形のコツやボイル温度の調整があり、熱心にメモや動画をとる方も。参加者からは「一人ではなかなかウインナーはできないので面白そうだなと思って申し込みました」「家でもつくれることがわかったので是非やってみます」「普段仕事だけど、休みがとれたので思い切って参加しました」との声。プレーン、黒ごま入り、バジル入りの3種ウインナーのうち、今回は黒ごまが一番人気でした。

組合員のつどいでは迎春商品を中心に試食品もいろいろとあり、伏木地域担当者から、食品添加物のことや原料のこだわりなどを説明。そのうちの一品、味付数の子は、「漂白したもの・無漂白のもの・原料の悪いもの」を実際に見ていただいて、生協商品の試食もすることで、おいしさや安全性を実感されていました。

高岡ふれあい地域交流会開催

2014年7月4日

1406高岡地域交流会 (5)-thumb-250x187-6739 1406高岡地域交流会 (14)-thumb-150x112-6741

開催日:2014年6月21日(土) CO・OPとやま高岡センター

高岡1・2・3支部委員会主催 参加者180人(子ども34人含む)

 

高岡センターにて地域の組合員どうしが食の安全などをテーマに日頃の活動を交流しました。

午前中は、農民連食品分析センター所長 八田 純人氏から「食べたいね。安全な食べ物」と題して講演がありました。コンビニのおにぎりや安売りのお米などを使った実験を交え、日本の食の現状や安全な食品を選ぶための知恵など、ユーモアあふれる語り口で話されました。午後からは、フジフレッシュフーズ(ヘルシー和惣菜)、天野実業(フリーズドライ味噌汁)、マルイ食品(鶏肉・鶏肉加工品)など産直先や、メーカーとの交流・試食、地域委員による喫茶コーナーなどでにぎわいました。

高岡親子料理教室「こどもといっしょにレッツクッキング」

2014年4月4日

高岡料理教室-thumb-250x187-6280 高岡親子料理教室2-thumb-150x112-6282

開催日:2014年3月29日(土)

高岡1・2支部委員会主催  参加者8組22人

 

高岡第1・2支部商品委員会で調理・試食した中からおいしかった料理やかんたんに作れるものを選定し、こども主体で調理しました。今回作った料理は「簡単でからだにやさしいひじきのおやき」「果物たっぷり寒天よせ」「ヨーグルト入りコーンスープ」の3品。生協商品を使って簡単にアレンジできる料理で、なかでも粉末のコーンスープに「プレーンヨーグルト生乳仕立て」を加えたヨーグルト入りコーンスープが好評でした。短時間で作れる調理に子どもたちも集中していました。

講師(委員)は、「こどもが幼少期に自分で食材から調理した体験は記憶として残ります。味覚形成やライフスタイルの構築にもよい影響を与えるので、このような機会も利用して体験させてほしい」と話していました。

次回は8月下旬に開催予定です。