【射水エリア】新湊

<射水支部>9月の各地域委員会で新聞スリッパ作り

2020年9月22日

9月9日(水)大門地域委員会、9月11日(金)大島地域委員会、9月15日(火)新湊地域委員会、9月18日(金)太閤山・小杉地域委員会

現在、新型コロナウイルス感染予防対策のため、地域委員会では調理や試食を伴う活動を見合わせています。そのような状況の中でも「委員の皆さんでできる活動をしよう!」とのことから、射水支部の4つの地域委員会では、9月の委員会活動として新聞スリッパ作りをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※写真は左上から大門地域委員会、大島地域委員会、新湊地域委員会、太閤山・小杉地域委員会です。

理事が講師となり、作り方を教えてもらいながらいくつか作ってみました。

「災害があった時に素足で歩くと危ないから、これがあるだけで助かるね。」「家族の人数分作って備えておくといいね。家でも作ってみるわ~。」とスリッパ作りを通して、防災意識を確かめるきっかけにもなったようです。

 

<新湊地域委員会>冷凍茶わん蒸のおいしい食べ方教室を開催しました!

2018年1月19日

2018年1月13日(土)  新湊地域委員会主催  参加者14人

福田食品より講師を迎え、「冷凍茶わん蒸のおいしい食べ方教室」を開催しました。前日から北陸は記録的な大雪・・・。講師の方は南砺市からなんとか到着。組合員も大雪に負けずにたくさん参加していただき、ホッとしました。

まずは講師の方から、おなじみの「冷凍茶わん蒸」についてくわしく説明していただきました。いつも利用している方が多く、あらためて商品の良さを再認識できました!

 

 

真剣に説明を聞く皆さんの様子。

 

次は、「冷凍茶わん蒸」の上手な調理方法やアレンジレシピの実演です。

 

 

 

 

「茶わん蒸」を見栄え良く作るためには、最初に卵液と具材を分け、卵液が少し固まってきたところで具材を載せるのがコツ。そうすると、具材が下に沈んでしまうことなく、お店で出てくるような表面にきれいに具が見える「茶わん蒸」に仕上がるそうです。ちょっとした工夫が必要なのですね!

アレンジレシピとしてうどんを使った「小田巻蒸し」や「和風リゾット」「具だくさんのだし巻き」などを教えていただきました。どれも簡単で美味しく、「レパートリーが増えて良かった♪」ととっても好評でした。

【参加者の感想】(抜粋)

  • 茶わん蒸を作る時に、具材と汁を別々に入れるということがとても参考になりました。
  • 福田食品さんのプロの分かりやすい説明、調理がとっても良かったです。
  • いろいろアレンジできる事がわかり、参考にしたいと思います。

安井ファームと杉本食品へ見学に行ってきました!

2017年10月19日

 2017年9月16日(土) 新湊地域委員会 参加者15人

さくらたまごでおなじみの安井ファームとこんにゃくの製造メーカー杉本食品へ見学に行ってきました。

バスの中で、資料を見て事前に学習をしながら本日の見学先へ向かいました!

最初は安井ファームの見学です。

 

 

 

 

 

さくらたまごのパック詰め作業の様子を見学しながら、生産者の安井さんよりニワトリに与える飼料のこだわりの説明や、たまごの洗浄・選別に関することまで皆さんの意見や質問に丁寧に答えていただきました。

特に餌については、ニワトリの健康を第一に考え、遺伝子組み換えではないとうもろこしや、魚粉、おからなどを発酵させたものを与えているということを教えていただきました。

次に向かったのは、杉本食品です。

 

 

 

 

 

杉本社長より、こんにゃく製造のこだわりについての説明や家庭での使い方などについてお話していただきました。いつも杉本食品のこんにゃくを利用されている参加者が多かったため、たくさん質問も出て、それに答えていただきながら杉本さんと交流することができました。

【参加者の感想】(抜粋)

  • 生産者が吟味した魚粉などの餌を自家配合してニワトリに与えておられることがわかりました。
  • 餌に徹底的にこだわっておられることが市販の卵との違いだとわかりました。
  • 大手こんにゃくメーカーの進出競争の中、独自の製法で頑張っておられる杉本さんに拍手です!
  • 今回参加して、改めて価格で判断して市販の物を利用する割合を少し減らそうと思いました。

 

 

<新湊地域委員会>後期組合員のつどいを開催!

2016年12月20日

2016年11月12日(土)13:30 放生津コミュニティセンターにて

参加者21人(大人19人 子ども2人)

 

今回のつどいは全会場で「ローストビーフ」と「越後餅(切り餅)」も試食しています!

そのほかに私たちは☆クリスマスパーティーコース☆を調理・試食しました。

 

【参加者の感想】(抜粋)

  • 「パンナコッタ」初めて食べました。のどごしがよくておいしかったです。
  • つどいに参加したら、普段会えない人にも会えて楽しかったです。
  • クリスマスやお正月の早期予約の注文を一旦出したのですが、今日の試食でおいしかったものを追加注文することにしました!
  • CO・OPとやまの職員の方や地域委員の方、どの方も優しくて、いつも対応がよくて、感じがいいです。

後期組合員のつどい レシピ集

 

<新湊地域委員会> 前期組合員のつどいを開催!

2016年9月3日

2016年7月9日(土)13:30 放生津コミュニティセンターにて 参加14人

 

今回のつどいのテーマは「かしこく時短!忙しくてもちゃんとごはん!」

  • 家庭料理研究家 奥薗さん考案の生協商品を使った時短レシピの調理・試食
  • CO・OPとやまオリジナルの「低脂肪牛乳」と市販の「低脂肪乳」の飲み比べ
  • 今年10月からスタートするまいど便(利用登録)の説明、事前登録

 

【参加者の感想】(抜粋)

  • 「まいど便」はチラシを見てもよくわからなかったのですが、つどいで直接話を聞いたらよくわかり、事前登録しました。
  • CO・OPとやまの「低脂肪牛乳」は市販のものと比べて美味しくて後味スッキリでした。

 

【産地・工場見学】サラダコスモへ行ってきました!

2016年7月16日

201606181156

開催日:2016年6月18日(金) 新湊地域委員会主催 参加者28人

 

「ブロッコリーの新芽」や「緑豆もやし」でおなじみのサラダコスモへ見学に行ってきました。温泉水を利用した水耕栽培で、太陽光を利用して管理され、農薬を使用しない野菜づくりをしていました。

 

【参加者の感想】(抜粋)

  • 安全・安心な商品だと思いました。
  • 衛生面でも先進的な取り組みをされており、企業として環境問題にも充分配慮され、営業されていることに感心しました。また、商品の製造や管理、消費者の手元に届くまで鮮度保持に留意されていることに感心しました。

 

40周年記念企画 各地域で試食会を開催

2014年7月14日

新川センター、射水八塚公民館、砺波センターの試食会に、のべ644名が参加

各地区の理事や地域委員が主体となり、CO・OPとやまオリジナル商品をはじめ地元メーカーの商品や直近の人気企画商品を紹介しました。「日頃利用したことのない商品が確かめられてよかった」「企画予定もわかり利用してみたい」と好評でした。

DSC00721-thumb-250x187-6769 DSC00707-thumb-150x112-6771 新川試食会ジュース-thumb-150x112-6773

CO・OPとやま新川センター 2014年6月28日(土)

各ブースに地域委員やメーカーが入り、44品目の試食・即売品の商品説明を対面で行いました。1Fでは、三和食品(昆布巻き・ぶり大根ずし・いかみそ漬け)や黒部製パン、こめ油など約14の商品や、母親大会物資、被災地支援物資の販売もありました。「組合員さんに商品のこだわりや良さを直接伝えることができてうれしい」とメーカーの方も話していました。飲料コーナーでは「しゅわしゅわ果実の日向夏ソーダ」が「すっきりした味でおいしい」と子どもから大人まで大人気でした。

 

DSC00863-thumb-250x187-6784 DSC00849-thumb-150x112-6786 DSC00868-thumb-150x112-6788

CO・OPとやま砺波センター 2014年7月8日(火)

地元メーカー福田食品の茶碗蒸しや大学芋のほか、地域委員手づくりの煮物、スモークサーモンやカットわかめなど「つどいの試食品」もおすすめしました。ドレッシングは定番商品を中心に数種類あり、「ナッツ」「わさび」「日向夏」「「にんじん」などが人気でした。また、食事バランスセット(冷凍のお弁当)もいろいろな種類があることや使い勝手などがよくわかったとの感想がありました。

 

射水試食会1-thumb-250x187-6800 射水試食会3-thumb-150x112-6802

射水八塚公民館 2014年6月28日(土)

喜作園、丸善製パン、日東コーヒーなどメーカーも参加し、試食品にパン、肉類、デザート類、漬物、魚、ご飯、お菓子、飲料など約25種類について試食・交流しました。

前期組合員のつどい 新聞紙でスリッパ作り

2012年8月21日

2012713-thumb-250x187-4063

 

開催日:2012年7月13日(金)  小杉町地域委員会

虹の輪3月号(防災特集)を使って防災について話し合い、「新聞紙で作るスリッパ」をみんなで作りました。「いざというときに、身近に新聞紙があるし、旅行先でも使えて便利だよね」「ちょっとした知恵がみんなで学べて楽しいね」などの感想が出されていました。