産地工場見学

福田農園へ見学に行ってきました!

2019年11月7日

2019年10月17日(木) 四方・倉垣地域委員会 参加者 大人10人

すいか「味きらら」と「加賀れんこん」の生産農家の福田農園へ見学に行ってきました!福田農園さんは、昨年12月より新しくCO・OPとやまの産直産地になりました。

れんこん畑と収穫の様子を見学させていただきました。畑を見ながら、れんこんの旬の時期、保存方法、調理法などたくさんお話しをしてくださいました。

 

 

 

 

 

とてもわかりやすく、皆さん興味深くお話を聞き、栽培について質問などもされていました。

 

 

 

←箱詰め作業場にて

 

れんこん1本につき、5節ほどある中の2~4節だけが流通し、繊維質が多い1節目は加工に回ることや、9月から春先まで収穫が続くことなどのお話は、初めて聞くことばかりで、大変勉強になりました。

【アンケートより】

  • れんこん農家については、テレビでも見たことはありましたが、現地で畑の広さや深さなどを見ると、思っていたのとは違っており、ご苦労がわかったような気がします。いただいたれんこんをわさび醤油でいただき、そのおいしさに感激しました!
  • 箱詰め、袋詰めなどすべて手作業で行っておられ、大変だと思いました。れんこん畑でレンコン掘りの様子を見せていただき、ありがとうございました。
  • 加賀れんこんがどのように栽培され、収穫されているかがわかり、良かったです。夏の暑さや冬の寒さの中、大変な思いをされて生産されていることがわかりました。

 

トナミ醤油へ見学に行ってきました!

2019年11月7日

2019年10月15日(火)  上市町・舟橋村地域委員会  参加者12人

トナミ醤油、ゆず味噌、山菜類の水煮でおなじみのトナミ醤油へ見学に行ってきました。

宅間社長に詳しく説明をしていただきながら、工場を見学しました。見学をさせていただき、厳しい衛生管理の下で生産されていることがわかりました。

 

 

 

 

 

 

醤油の原料についてや、こだわり、これまでの苦労、また、醤油以外にも色々な商品作りに取り組んでおられることもお話しされました。

 

 

 

 

←たくさんの商品が並んでいますね!

【アンケートより】

  • 衛生面についてより厳しく管理されていることに感心しました。商品の種類がどんどん増えていて、驚いています。
  • いろいろなおかず味噌があってびっくりしました。ちょっとした工夫でいろんな料理に使えそう。
  • とてもこだわって作っておられると思いました。

信州ハムへ見学に行ってきました!

2019年10月22日

2019年10月7日(月) 伏木地域委員会 参加者 大人15人

CO・OP商品のハム、ベーコンなどでおなじみの信州ハムへ見学に行ってきました!

工場入り口にて、代表者のみですがメディカルチェック(体調の状態や検温、海外渡航などの確認あり)が厳重でした。日本生協連のCO・OP商品を取り扱っているだけあって、衛生管理が徹底されています。

製造ラインを見学しながら、ハム、ソーセージ、ベーコンなどの行程や概要、無塩せき商品と一般の商品との違いなどの説明を聞きました。

 

 

 

 

 

参加者からはウインナーの美味しい食べ方についての質問などがあり、丁寧に答えていただきました。

 

 

 

 

 

ちょっぴり遠出となりましたが、信州ハムで製造される商品について詳しく知ることができ、楽しく、実のある産地・工場見学となりました!

【アンケートより】

  • 以前にハムを購入した時、ハムの色の悪さが気になっていましたが、その理由がわかり、納得しました。
  • 無塩せき商品と一般商品の区別がよくわかりました。

 

福田食品へ見学に行ってきました!

2019年10月22日

2019年10月4日(金) 大沢野・細入・新保・熊野地域委員会 参加者 大人13人

「冷凍茶わん蒸」「福田の大学いも」でおなじみの福田食品に行ってきました。

ガラス越しでしたが、皆さん熱心に製造ラインを見学しました。その後は、大学いもの食べ比べ、マフィンの試食をしながら商品の説明などを聞きました。

 

 

 

 

 

 

衛生面に細心の注意を払い、おいしさを追求し、材料にもこだわっていらっしゃることがわかりました。

【アンケートより】

  • 茶わん蒸、大学いもは注文したことがなかったのですが、手軽でおいしかったので、これから利用したいと思います。
  • チラシを見ているだけでは、商品の良さが伝わらないのですが、今回の見学を通して商品の良さがわかったので、これからも参加したいと思います。
  • 衛生面でとても工夫されており、安心して食べられると思いました。

福田農園へ見学に行ってきました!

2019年10月11日

2019年9月12日(木) 萩浦地域委員会 参加者 大人10人

すいか「味きらら」と「加賀れんこん」の生産農家の福田農園へ見学に行ってきました!今年度から、福田農園の見学ができるようになったので、参加者はとても楽しみにして見学に向かいました。

れんこん畑を見学し、収穫の様子も実際に見せていただきました。

 

 

 

 

 

れんこん畑では、胸のあたりまで泥に埋もれながら収穫をされていました。収穫の様子を間近で見ると、収穫の大変さがよくわかりました。

 

 

 

 

 

収穫後の箱詰め作業も見せていただき、その他、農家の方ならではのれんこんのおいしい食べ方も教わることもできました。

【アンケートより】

  • れんこんの栽培・収穫を間近に見たことがなかったので、とても勉強になりました。れんこんの収穫は大変な作業で、何気なく食べていたれんこんを大事に食べようと思いました。
  • れんこんがあのように栽培・収穫されていることを初めて知りました。生産者の方のご苦労に頭が下がります。
  • れんこんは高価なものだと思っていましたが、あれだけの手間と労力がかかっているので当然だと思いました。お土産のれんこんを家でとってもおいしく頂きました。

飛騨酪農へ見学に行ってきました!

2019年9月24日

2019年9月11日(水) 富山西支部委員会 参加者 大人31人

低温殺菌牛乳の「パスチャライズ飛騨」、「飛騨ヨーグルト」などでおなじみの飛騨酪農へ見学に行ってきました!

ガラス越しに製造ラインを見学し、その後は、飛騨酪農の牛乳のこだわり、酪農家の苦労、品質向上に対する努力などの説明を聞くことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

←外には乳牛が!!と思いきやレプリカでした。

 

秋の気配を感じながら、高山の古い町並みを散策。途中雨に降られることもありましたが、プチ旅行気分も味うことができ、楽しい産地見学となりました。

【アンケートより】

  • 生産者さんの顔が見えるということは、乳製品に限らず他の食品についてもとても大事なことだと思いました。きちんと選ぶ目をもつことが大切だと思います。
  • 試飲した牛乳がおいしかったです。牛乳についての説明も今まで詳しく聞く機会なかったので、今後の牛乳選びの参考になり、良かったと思います。
  • コーヒー乳飲料のコーヒーがドリップ抽出だったり、ノンホモの牛乳、非遺伝子組み換え飼料の牛乳などこだわりがとても多く、商品を利用したいと思いました。

 

信州産直組合へ見学に行ってきました!

2019年9月20日

2019年9月11日(水) 新庄地域委員会 参加者 大人8人

「糖度保証ふじ」やぶどう、キャベツなどの野菜でおなじみの信州産直組合に行ってきました。

産地では、赤く色づいた“秋映”が収穫の最盛期を迎えていました。組合の若い職員の方に、りんご栽培について、また、おいしいりんごの見分け方などを教えていただきました。

 

 

 

 

←みなさん真剣に説明を聴いています。

さっそくお楽しみのりんご狩りどれがおいしそうかじっくり吟味しながらりんごを選びました。真っ赤なりんごがおいしそうですね!

 

 

 

 

 

りんごジュースの加工場やりんごの選別作業場も見学させていただきました。選別や点検など様々な工程を経て、私たち組合員に商品が届けられることがわかりました。

 

 

 

 

 

農業の後継者不足が問題となっている中、信州産直組合では若い後継者を育てる努力をされているとのこと。作業場でもたくさんの若い方が働いておられ、頼もしく感じられました。

【アンケートより】

  • 農薬の使用量が少ないことが一番。吟味し、出荷されていることで安心して食べることができます。
  • 自然相手の第一次産業。苦労されている上に、私たちに安全・安心な商品が届けられていることに感謝します。
  • りんごが私たちに届けられるまでにこまかくチェックされていることに驚きました。

サラダコスモへ行ってきました!

2019年8月15日

2019年7月29日(月) 大沢野・細入・新保・熊野地域委員会

参加者 大人8人 子ども2人

「緑豆もやし」や「スプラウトの新芽」でおなじみのサラダコスモへ見学に行ってきました。スプラウトとちこりの工場は、岐阜県中津川市にあります。

 

 

 

 

 

スプラウトは、無農薬で、恵那の温泉水や天然塩で作られているそうです。また、衛生面にも厳しくチェックされた工場で栽培されていることがわかりました。

お昼は、工場のすぐ隣にある「ちこり村」の「農家手作り 家庭料理レストラン バーバーズダイニング」でバイキング。新鮮な地元の野菜を使った料理がたくさん並んでいました。調理には、地元の高齢者の方がたくさん携わっていらっしゃるそうです。

 

 

 

←おいしそうな料理がいっぱい!

 

 

 

 

 

 

 

右側の大きなオブジェは… 筆ではありませんよ!「ちこり」の横で記念撮影。

【アンケートより】

  • 衛生管理のチェックも厳しく、年中休みなく栽培されているとのこと。とても大変だと思いました。
  • 今回参加して、新しい知り合いもでき、食品の生産過程をじっくり見ることができて良かったです。

中本農園に行ってきました!

2019年8月15日

2019年7月26日(金) 呉羽・長岡・桜谷地域委員会 参加者 大人16人 子ども8人

小松菜でおなじみの中本農園に行ってきました。夏期はとうもろこし狩りで大人気の産地です!夏休みが始まったばかりだったので、お子さんの参加も多く、にぎやかでした。

 

 

 

 

 

中本さんから、とうもろこしの品種についてや、おいしいとうもろこしの見分け方、上手なもぎ取り方などの説明を聞いてから、畑に入ります!

 

 

 

 

 

大人の背丈より大きく育ったとうもろこし。中へ入ると姿が見えなくなるほどです。どれがおいしそうか吟味しながら各自収穫を楽しみました。

【アンケートより】

  • とても甘くて、みずみずしくおいしかたです。孫も大喜び。小松菜のハウスの中で、暑いのに大変ご苦労されていると思いました。頭が下がります。
  • 自分で取ったとうもろこし、とてもおいしかったです。

中本農園に行ってきました!

2019年7月26日

2019年7月17日(水) 新庄地域委員会 参加者 大人16人 子ども2人

小松菜でおなじみの中本農園に行ってきました。夏期はとうもろこし狩りで大人気の産地です!

中本さんから、とうもろこしの上手な取り方など説明を聞き、さっそくとうもろこし狩りに。

 

 

 

 

 

とうもろこしは、大人の背丈より大きく育っていました。もぎたてのとうもろこしを生のまま食べてみた方は、そのおいしさにびっくり!でした。

【アンケートより】

  • 生のとれたてのとうもろこしを食べたのは初めてだったので、とても甘くておいしかったです。
  • 何度か参加していますが、いつもとうもろこしの実が大きく、楽しみにしています。