<中央地域委員会>マクロビオティック教室を開催!

2020年1月15日

2020年1月14日(火)10:00~ 本部組合員ホールにて

参加者 20人

富山市大泉にある“野菜とお米とおみそ汁を大切にしたしみじみおいしいごはんやさん”豆こ食堂 やむなし」の飯沼 克浩さんを講師としてお招きし、マクロビオティック教室を開催♪今回は、組合員以外のゲストの方もたくさん参加されました。

 

 

←参加された皆さんは、メモをとりながら、飯沼さんのお話を熱心に聴いています。

 

 

まず、マクロビオティックとは?というところからのお話。Macro(大きな)bio(生命の)tique(方法)と訳すことができ、「食べもので身体を整える」という考え方をマクロビオティックというそうです。マクロビオティックの三大原則「一物全体」、「身土不二」、「陰陽調和」についても詳しく話され、野菜などの皮・葉も全て食べることや、食物を含め、自然界には陰(-)と陽(+)に分かれていて、陰と陽をバランスよく取り入れることが大事だということなどを教わりました。

お話の後は本日のメニューの調理です!

身体を整える食事術(メニューはこちらをクリックしてください)

 

 

 

 

 

 

 

 

← 国産や有機食品を中心にした材料です。

 

途中、飯沼さんから食物の陰陽調和の考えにかなった材料の切り方も教わりながら、4つのグループに分かれて調理しました。

 

 

 

 

 

れんこんは皮付きのまま80℃で1時間くらい煮たものを“回し切り”という切り方で繊維に沿って切ります。

 

 

 

 

素材の味を活かしたシンプルな料理があっという間に出来上がり!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来上がった料理を楽しく試食しました♪

【参加者の感想】(抜粋)

  • マクロビの考え方や食の陰・陽についてなど興味深く話が聞けました。人参の甘さにもびっくり!!
  • 1つの野菜の中にも陰と陽があることを初めて知りました。皮付きで食べることの大切さもわかりました。
  • 漬物にりんごをすりおろして加えるというのは、子どもも喜びそうなので、ぜひ自宅でも作ってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です