<四方・倉垣地域委員会>前期組合員のつどいを開催!

2019年8月2日

2019年7月18日(木)11:00~ 和合コミュニティセンターにて

参加者 大人13人

今回のつどいは、全会場で「骨とりさばの和風カレー煮」「直火焼ペッパーローストポーク」などの試食や、SDGs(エスディジーズ)とエシカル消費の学習、CO・OPとやまの添加物基準についてお知らせをしています。

私たちは「国産素材コース」を調理・試食しました。その他に、独自活動として南日味噌醤油(株)から講師をお迎えし、「糀の活用法」学習会を開催しました。

まずは、糀についてお話をされました。味噌は味の9割が米こうじで決まってしまうということや、塩こうじ、甘酒は米こうじが一番大事だということを教えていただきました。南日味噌では米こうじにの原料には富山県産丸米を100%使い、丸4日間かけて米こうじを発酵させているそうです。

 

 

 

 

 

お楽しみの塩こうじ作り!上手にできるポイントを教えていただきながら、各自で塩こうじを作ってみました。

 

 

 

 

 

会場では材料を合わせるところまで作ったので、あとは家庭で約1週間毎日かき混ぜて発酵させることが大事。おいしい塩こうじができるといいですね!

つどいの試食品や塩こうじ漬けの豚肉を焼いたもの、南日さんのストレート甘酒も参加者みんなで試食し、感想などを交流しました。

 

 

 

 

 

【参加者の感想】(抜粋)

  • 体に良いと話題になっていたので、以前、別の甘酒を買って飲んだのですが、イマイチでした。ところが、南日さんの甘酒はとても飲みやすくおいしかったです。全然違っていました。
  • 自家製の塩こうじでいろいろな料理に使いたい。ストレート甘酒もとてもおいしかったので、購入したい。
  • 塩こうじが思っていたより簡単にできてびっくりしました。子どもたちとも一緒に作ってみることができそうだし、できた塩こうじで簡単料理も作れるので家で一緒にやってみたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です