CO·OPとやまとは

内部統制

役職員の行動規範

CO·OPとやま 
コンプライアンス宣言

生活協同組合CO·OPとやまは、「自らのいのちとくらしを守るために」をスローガンに、1974年に設立されました。
その後、「私たちは、一人ひとりが力を合わせ、より豊かなくらしの創造と平和な社会をめざします。」を基本理念に掲げ、組合員の生活の文化的・経済的な改善向上を図ることを目的として組織活動、事業活動をすすめてきました。
今日、法令遵守はもちろん、倫理や社会的責任を持った、コンプライアンス経営の確立が求められています。
私たちは基本理念、目的の実現に向けて、法令や社会規範などの遵守をはじめ、役職員の行動規範を理解・認識し、組合員・地域社会から信頼される組織となるよう継続的改善に取り組んでいきます。

2014年3月20日
生活協同組合CO·OPとやま
専務理事 小 泉 謙 二

役職員の行動規範

1. 私たちは、生協活動を行う上での法令やルールを守り、組合員の信頼に応えていきます。

(1) 法令、定款、諸規程や社会規範等を遵守し、利益と倫理が相反する場合は倫理を優先します。

(2) 業務上入手した個人情報、その他の情報を漏えいすることのないよう厳重に管理し、私的に利用したり、第三者に利用させることはしません。

(3) 公私にかかわらず交通法規を遵守して、安全運転を行います。

(4) 組合員の声を積極的に聞き、誠実に対応します。

(5) 明るく元気に行動し、清潔感のある身だしなみを心がけます。

2. 私たちは、取引先と相互の信頼関係を大切にし、公正かつ妥当な取引を行うとともに、健全な関係を保ちます。

(1) 取引先とは誠実に接し、パートナーシップを築きます。

(2) 取引先の選定は、商品の安全・品質・価格などから公平に決定します。

(3) 合意した取引内容・条件は、文書で確認し遵守します。

(4) 取引先への不当な便宜供与や優越的地位を濫用した行為は行いません。

(5) 取引先との飲食・贈答などの交流は社会通念の範囲で行い、上司に報告します。

3. 私たちは、必要な情報を公開し、健全で適正かつ効率のよい事業経営を行います。

(1) 事業経営に関する重要な情報は、総代会や各種の広報により適切に公表します。

(2) 情報開示を求める組合員には、規約に従って情報を開示します。

(3) 商品の安全性を第一に考え、商品クレームや事故を防止するよう努めます。

(4) 生協の商品を積極的に利用して、安全・安心な暮らしに役立てます。

(5) CO·OPとやまの財産である施設、設備、車両、備品などを大切に使用します。

(6) 業務には、より正確で効率よく行うための改善を意識して取り組みます。

4. 私たちは、役職員一人ひとりの人格・個性を尊重し、安全で働きやすい職場、風通しのよい組織風土をつくります。

(1) 労働法令や就業規則などを遵守し行動します。

(2) 自らの役割を理解し、経営目標の達成のために力を合わせて行動します。

(3) 整理整頓を心がけ、安全で衛生的な職場の環境整備に努めます。

(4) セクハラやパワハラのない、皆がいきいきと働ける職場をつくります。

(5) 率直に意見を出し合える職場をつくります。

5. 私たちは、地元に密着した生協として、よりよい地域社会づくりに貢献します。また、行政や県内の諸団体・全国の生協と連帯し、取り組みをすすめます。

(1) 「食品リサイクル・環境方針」に基づき、環境問題を生協運動の重要な課題として位置付け、率先して取り組みをすすめます。

(2) 地域社会の一員として、平和、災害支援、福祉などの社会貢献活動に積極的に参加します。

(3) 行政や県内の諸団体との交流を深め、連帯を大切にして、地域社会への貢献を広げます。

このページのトップへ